Menu
(0)

Search

『グッドナイト・マミー』リメイク版、ナオミ・ワッツが主演・製作総指揮に ─ Amazonが世界配給を担当

ナオミ・ワッツ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Naomi_Watts_(36002951012).jpg

整形後に別人のように冷たい人格となったママは、果たして本物なのか?世界中の観客を激震させたカルト・ホラーグッドナイト・マミー』(2014)がリメイクされることがわかった。『マルホランド・ドライブ』(2001)『インポッシブル』(2012)などのナオミ・ワッツが、本作で主演・製作総指揮を担当。米Deadlineが報じている。

オリジナル版では、美容整形を受けて顔全体に包帯が巻かれた状態で家に帰ってきた母親と、9歳の双子の兄弟を取り巻く前代未聞の恐怖が描かれた。今まで優しかった母親が突然、整形を経て別人のように冷たくなったことから、本物ではないと疑い始める兄弟が、正体を暴くため様々な行為に躍り出る。カルト的人気を博した本作は、アカデミー賞外国語賞にて、オーストリア代表としてもノミネートされていた。

リメイク版の製作を務めるのは、制作会社「Animal Kingdom」および「Playtime」。出資および世界配給は、Amazon Studiosが担当する。日本での公開にも期待できそうだ。『Take Me To The River(原題)』のマット・ソベルが、カイル・ウォーレンによる脚本を基に監督を担当。製作は、『イット・フォローズ』(2014)デイビット・カプラン、『デッド・ドント・ダイ』(2019)ジョシュア・アストラチャンら。製作総指揮には、オリジナル版の監督であるヴェロニカ・フランツ&ゼヴリン・フィアラが就任している。

ちなみにナオミ・ワッツは、メル・ギブソン&フランク・グリロ主演の話題作『Boss Level(原題)』にも出演していた。ほか次回作として、『ソルト』(2010)などのフィリップ・ノイス監督『Lakewood(原題)』、『パージ』シリーズのジェームズ・デモナコ監督『This Is the Night(原題)』などが控えている。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly