Menu
(0)

Search

『グースバンプス』再ドラマ化決定、20年越しのテレビ復活 ─ 『ワイルド・スピード』製作者、映画版から続投

グースバンプス
© Sony Pictures Releasing 写真:ゼータ イメージ

世界中で恐怖の旋風を巻き起こし、長きに渡って愛されている児童向けホラー小説シリーズ『グースバンプス』が、再びテレビドラマ化されることがわかった。米Deadlineが報じている。

作家R・L・スタインが手掛けた『グースバンプス』は、鳥肌が立つような恐怖の物語を描いたアンソロジーシリーズ。アメリカで刊行されるや、瞬く間に世界中で人気を博した同作は、幾度に渡って映像化されている。1995年から1998年にかけては、ドラマ「ミステリー・グースバンプス」が放送されており、子役時代のライアン・ゴズリングが出演していたことでも知られる。また、2015年にはジャック・ブラック主演『グースバンプス モンスターと秘密の書』、2018年には続編『グースバンプス 呪われたハロウィーン』として映画化もされている。

タイトル未定の新作ドラマシリーズは「今の世代に向けて、新たな形でブランドを甦らせる」作品になるとのこと。製作を務めるのは、2015年・2018年の映画版に引き続き、『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られる敏腕プロデューサーのニール・H・モリッツ。そのほかのスタッフやキャスト、製作時期については未定のため、続報が待たれるところだ。

こっちも怖い児童ホラー小説が原作

Source: Deadline 

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly