Menu
(0)

Search

『グースバンプス』再ドラマ化決定、20年越しのテレビ復活 ─ 『ワイルド・スピード』製作者、映画版から続投

グースバンプス
© Sony Pictures Releasing 写真:ゼータ イメージ

世界中で恐怖の旋風を巻き起こし、長きに渡って愛されている児童向けホラー小説シリーズ『グースバンプス』が、再びテレビドラマ化されることがわかった。米Deadlineが報じている。

作家R・L・スタインが手掛けた『グースバンプス』は、鳥肌が立つような恐怖の物語を描いたアンソロジーシリーズ。アメリカで刊行されるや、瞬く間に世界中で人気を博した同作は、幾度に渡って映像化されている。1995年から1998年にかけては、ドラマ「ミステリー・グースバンプス」が放送されており、子役時代のライアン・ゴズリングが出演していたことでも知られる。また、2015年にはジャック・ブラック主演『グースバンプス モンスターと秘密の書』、2018年には続編『グースバンプス 呪われたハロウィーン』として映画化もされている。

タイトル未定の新作ドラマシリーズは「今の世代に向けて、新たな形でブランドを甦らせる」作品になるとのこと。製作を務めるのは、2015年・2018年の映画版に引き続き、『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られる敏腕プロデューサーのニール・H・モリッツ。そのほかのスタッフやキャスト、製作時期については未定のため、続報が待たれるところだ。

こっちも怖い児童ホラー小説が原作

Source: Deadline 

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly