Menu
(0)

Search

『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚ドラマ、『レディ・プレイヤー1』オリヴィア・クック&「ドクター・フー」俳優ら参戦

ゲーム・オブ・スローンズ ハウス・オブ・ドラゴン
https://twitter.com/GameOfThrones/status/1337498103197339649

ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)の前日譚を描くスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)」に『レディ・プレイヤー1』(2018)サマンサ役などで知られるオリヴィア・クックら計3名の新キャストが発表された。

「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」は、「ゲーム・オブ・スローンズ」から300年前を舞台に、エミリア・クラークが演じたデナーリス・ターガリエンらの一族・ターガリエン家のルーツを描く物語。2019年10月に製作が発表され、2022年の米放送を目指して企画が進行している。

Varietyによると、新キャストに起用されたクックは、七王国で国王に次ぐ権威を持つ“王の手”に位するオットー・ハイタワーの娘アリセント・ハイタワーを演じるという。七王国で最も魅惑的な女性とされている。

クックのほか、「ドクター・フー」(2005-)『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)T-5000役などで知られるマット・スミスと「トゥルース・シーカーズ -俺たち、パラノーマル解決隊-」(2020-)エマ・ダーシー。ヴィセーリス1世の弟でドラゴンの真の血を引くとされているデイモン・ターガリエンと、ヴァリリア人の正統な血を引くプリンセスのレイニラ・ターガリエン役での出演となる。

上述3人のほか、『ディストピア パンドラの少女』(2016)のパディ・コンシダインが、先代の王ジェハーリスの後任者としてウェスタロスの騎士たちに選ばれた男ヴィセーリス・ターガリエン王役で出演する予定。2020年12月上旬時点で「数ヶ月以内」に主要撮影が開始されることが伝えられているため、今後の新キャスト発表にも注目だ。

「ゲーム・オブ・スローンズ」前日譚ドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)」は2022年に米国放送予定。シーズン1は全10話構成。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly