Menu
(0)

Search

「オビ=ワン・ケノービ」ダース・ベイダー再演ヘイデン・クリステンセン「ユアンとの再共演楽しみ」、ベイダーVSオビ=ワン世紀の再決戦か

Photo by Mikros Images https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ewan_McGregor_(2013_Citro%C3%ABn_advertisement).png CC BY 4.0 | Gál Tímea https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hayden-cfda2010-0004(1)_(cropped).jpg CC BY-SA 4.0 | remixed by THE RIVER

「マンダロリアン」に続くDisney+(ディズニープラス)の『スター・ウォーズ』実写ドラマシリーズ、「オビ=ワン・ケノービ」に、ヘイデン・クリステンセンダース・ベイダー役で出演する

もしかしたら、ここでダース・ベイダーとオビ=ワンが再びライトセーバーを交えることがあるかもしれない。というのも、キャスリーン・ケネディが「オビ=ワン」へのベイダー復帰について「世紀の再決戦になる」と予告しているのだ。

ヘイデン・クリステンセンもStar Wars.comにコメントを寄せている。「アナキン・スカイウォーカーを演じるのは、素晴らしい旅でした。もちろん、最後に見たアナキンとオビ=ワンの関係は、最高というものではありませんでしたが…」と、アナキン/ダース・ベイダー役を演じた『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)を振り返る。

続けて、「オビ=ワン」で監督を手掛けるデボラ・チョウについて「面白くなりそう」と期待を寄せ、最後に「ユワン(・マクレガー、オビ=ワン役)との再演が楽しみです。戻ることができて、気持ちがいいです」とコメントしている。

かつてオビ=ワンのパダワン(弟子)だったアナキンは、ダークサイドに魂を奪われ、暗黒卿ダース・ベイダーと化してしまう。『シスの復讐』では悲劇の死闘を繰り広げた後、『スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望』でルークらが目撃する中で運命の再戦。ベイダーはかつてのマスター(師)に、「ついに再会したな」「お前の弟子はついに道を極めたぞ」「力が衰えたな」と挑発していたが、実はここまでにふたりは、まだ語られていない「再決戦」を経ていたのかもしれない。その運命の戦いが、ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」で描かれるということだろうか。

『スター・ウォーズ』永遠の花形ダース・ベイダーの再登場というだけでもファンにとっては嬉しいものだが、ヘイデンがベイダー役のコスチュームをまとって演じるというのも興奮ものだ。というのも、『シスの復讐』でベイダーがおなじみのマスクやコスチューム姿になったのは終盤わずかのみだったから。「オビ=ワン・ケノービ」では、憎しみや苦しみ、悲しみに震えるベイダー姿のヘイデン・クリステンセンも見られるかもしれない。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly