『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』2020年米国公開、フォックス社買収の影響なし!クリス・プラットにヴィランのアイデアあり

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの完結編となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』について、ジェームズ・ガン監督が新しい情報をTwitterにて発信してくれた。
米国時間2018年1月13日、ガン監督は「友達が来るまで質問に答えるよ!」としてファンからの問いかけに答えたのである。

第3作は2020年米国公開!買収劇の影響は

まずガン監督が明かした情報として、最も重要性が高いのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』が2020年に米国公開されることをついに明言したことだろう。これまで監督は、2020年頃の公開になることを示唆しつつ、あえて断定は避けてきたのだ。日本公開も同年とみられるが、公開時期によっては翌年にずれ込む可能性もある。

 

またファンが気にかけているのは、2017年12月に発表された米ウォルト・ディズニー・カンパニーによる20世紀フォックス買収だ。将来的にはX-MENやファンタスティック・フォーのクロスオーバーが現実となりそうだが、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』にその影響は出ていないという。「買収によってストーリーは変更されましたか?」という問いかけに、監督は「ノー」と一言のみ答えているのだ。

報道によれば、ディズニーの20世紀フォックス買収が完了するのは2019年とみられる。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の公開は買収完了後になりそうだが、その時点でクロスオーバーがすぐに始まるわけではないようだ。

クリス・プラット、悪役のアイデアを提案

ところでガン監督が質問を募集したところ、思わぬことに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』主演俳優のクリス・プラットからも質問が届いたのだった。しかし、「ヘビについて知ってますか?」というクリスからの謎の質問をガン監督はとことん無視。するとクリスは、「無視するのはやめてください。ヘビについての公的な見解は? ヘビについて知ってる?」と追い打ちをかけるのだった。

 

それでも無視を続けるガン監督に、クリスの質問は止まらなかった。

「質問に答えてもらっていないことに気づきました。詳しく説明させてください。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』のヴィランを、段ボール箱いっぱいのヘビを持った男にすることはできますか? もしできないなら、一握りのヘビを持った男ならどうでしょう? “ヘビについて知ってる?”と言って、ヘビを投げつけてくるんです。

まったく意味がわからないが、その後、ガン監督はクリスに対して「ヘビはいいヤツ、人間の友達。でも知ってるでしょ」と返信し、ヴィランの提案にはこう回答している。

「おい、ネタバレだよ。トリートメント(編注:物語の要約)の内容をツイートしちゃダメだ。」

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は2020年米国公開予定。

Sources: http://comicbook.com/marvel/2018/01/14/guardians-3-release-date/
http://comicbook.com/marvel/2018/01/14/guardians-of-the-galaxy-unaffected-fox-deal/
http://comicbook.com/marvel/2018/01/14/guardians-of-the-galaxy-3-villain/
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。