Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』スター競演にキャプテン・アメリカ役俳優が感銘 ― ファルコン役俳優、まさか重大ネタバレ?

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは、2008年『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成だ。『アベンジャーズ』シリーズに登場してきたヒーローのほか、スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ブラックパンサーといったニューヒーロー、そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーも登場することが明らかになっている。

したがって本作は、これまでMCUに登場してきた映画スターが一堂に揃い踏みする映画でもある。映画史に残るほどのオールスターキャスト、その撮影現場では出演者たちも感動をおぼえていたようだ。2018年1月に米国で開催されたAce Comic Conにて、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスファルコン役のアンソニー・マッキーが、その様子を振り返った。

「マーベルは失敗しない。完璧な結果を残してる」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影現場でのある一日について、「すごく楽しかった。最高の人たちと、最高の一日を過ごしました」と語るのはキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスだ。
これまでMCUやキャプテン・アメリカについて、必ずしもポジティブなコメントだけを発してはこなかったクリスは、このたび各作品に出演してきたスターたちとの共演、そしてマーベルの取り組みについて最大限の賛辞を送っている。

「(豪華俳優陣との共演は)この映画で一番良かったところですよ。実は、最初に出演した数本は、自分ではなく別の誰かがやっているかのようだったんです。作品を観ていても、自分がその一部なんだという実感がなくて。(『インフィニティ・ウォー』は)自分に居場所がある、自分が属していると感じた初めての作品でした。これまで観ていて、敬愛していたシリーズの人たちが撮影現場にやってくるのは本当に良かったですね。“僕はここにいて、この最高の人たちと一緒に映画を作るんだ。最高だ”って。はっきり言って、すべてのシリーズの出来が良いですから。マーベルは失敗しない、一度も失敗していない。完璧な結果を残してるんですよ。

またエヴァンスは、その共演について「ファンとして観てきたシリーズから出演者が集まってきて、僕とセリフのやり取りをする。ものすごい体験だったし、とっても満足しています。ダメな人は一人もいませんでしたしね」とも語っている。

ファルコン役アンソニー・マッキー、もしや重大ネタバレ…?

一方、このAce Comic Conで意味深すぎる発言を残したのは、ファルコン役のアンソニー・マッキーだ。彼もクリスと同じように、豪華出演者との共演を興奮ぎみに語っているのだが……これはもしかして重大なネタバレなのではないだろうか?

注意

以下の内容は、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレである可能性が含まれています。

https://www.youtube.com/watch?v=HtxEYvZ6nlA

アンソニーは本作の撮影について、多くのヒーローが集結する場面を撮った際のエピソードを語っている。

予告編にある、僕たちみんなが戦うために走っていくシーンを撮った日のことです。僕たち全員が撮影現場にいました、スーパーヒーローが40人くらいいましたね。右を見たら、トム・ホランドデイヴ・バウティスタがいたんです。トムはデイヴの脚くらいのサイズでしたね。何の話をしていたのかはわからないんですが、デイヴが跳んで、キックやパンチの動きを見せたんですよ。“あっ、トムを殺そうとしてる!”って思いましたよ。」

アンソニーがトムをイジり倒していることはさておき、気になるのは「予告編にある、全員が戦うために走っていくシーン」に「トム・ホランド(スパイダーマン役)とデイヴ・バウティスタ(ドラックス役)がいた」という言葉だ。おそらくアンソニーが示しているのは予告編終盤のワカンダの場面だと思われるが、実はここに40人以上のヒーローが集結しており、そこにはスパイダーマンとドラックスも含まれているということなのだろうか。しかし、そもそも、この戦闘は何をめぐって行われているのだろう?

ソー役のクリス・ヘムズワースは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編にネタバレがほぼ含まれていないとして「こんなに見せないんだ、って思った」とコメントしている。そうであるならば、マーベル側はあえて一連の場面からスパイダーマンやドラックスをはじめとしたヒーローたちの映っている場面を使用していない(あるいはその姿を消去している)可能性すらあるだろう。アンソニーの発言が重大なネタバレである可能性は否定できない状況なのだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

[追記]
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公開後の時点で、このアンソニー・マッキーによる発言の真意は不明。観客を混乱させる作戦だったのか、それとも記憶違いなのか、あるいは『アベンジャーズ』第4作の話題だったのか……?

Sources: http://comicbook.com/marvel/2018/01/13/chris-evans-marvel-doesnt-miss/
https://www.cinemablend.com/news/2276570/anthony-mackie-and-chris-evans-talk-that-crazy-avengers-infinity-war-scene-with-40-heroes
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly