Menu
(0)

Search

【お詫び】ジェームズ・ガン監督、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』の噂を一蹴!その他の情報もデタラメか

昨日、THE RIVERでは映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』までのMCUの展開を予想する記事を公開した。海外で報じられた未確認情報をもとに、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』以降のストーリーを予想する内容だった。

記事で取り上げた未確認情報とは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の主人公スター・ロードが『インフィニティ・ウォー』の主要人物になるというもの、また『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』『ソー/ラグナロク(原題)』に古代超人種族の「エルダーズ・オブ・ユニバース」が登場するというものだった。詳しく気になる方は該当記事をご覧いただきたい。


しかし本日、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけるジェームズ・ガン監督が、『Vol.2』についての噂を正式に否定した。やっぱり噂はただの噂にすぎなかったのか……。

「こんなたわ言を聞くヤツらはどこにいるんだ? でたらめの内部スクープをジャーナリストに提供するのは誰なんだ?」

ガン監督は、映画情報サイト・Schmoe Knowのツイート(すでに削除されている)を引用してこうコメントしている。監督が否定したのは、おそらく『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』にエルダーズ・オブ・ユニバースが登場するという噂だとみられる。

Schmoes Knowのサイトを筆者が確認したところ、すでにスター・ロードが『インフィニティ・ウォー』の主要人物になるという情報も、エルダーズ・オブ・ユニバースが今後の作品に登場するという情報も削除されていた。また、あわせて『スパイダーマン ホームカミング』の新ヴィランに関する情報(記事)も削除されており、同サイトが報じた一連の「独占情報」はすべてデマだったという可能性が高い状況だ。

筆者としては、Schmoes Knowが提供した一連の情報を取り上げた以上、読者諸兄に不必要な期待や混乱を与えてしまったことを心よりお詫びしたい。大変申し訳ございませんでした。

しかしながら、ファンの一人としては、出所不明の情報に一喜一憂しながら予想や妄想を膨らませる楽しみも映画にはあって良い、という思いもある。今後は情報の信ぴょう性に配慮しつつ、懲りずに展開を予想していきたいので、よろしければお付き合いいただければ幸いである。

sources: http://www.cosmicbooknews.com/content/james-gunn-calls-recent-guardians-galaxy-2-rumors-nonsense

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly