Menu
(0)

Search

『スーサイド・スクワッド』未公開シーンを収録したBlu-ray/DVD、デジタル版の発売日が決定!

スーサイドスクワッド dvd Blu-ray発売日

今日は、良いニュースと悪いニュースがある。

良いニュースは、日本でも2016年9月10日に公開されたDC映画『スーサイド・スクワッド』本国アメリカでのBlu-ray/DVD、およびデジタル配信のアナウンスが決定したことだ。


Twitter、およびInstagram上の”Suicide Squad”公式アカウントはこの度、”Extended Cut”版のリリースを告知する27秒の特別動画を公開。時計の針の音と共に劇中の映像が挿入され、最後に気になるリリース日を伝えている。
映像によれば、デジタルHD版の配信は11月15日。そしてBlu-rayの発売は12月13日だ。もちろんどちらもアメリカでのアナウンスとなるので、日本版の発売もこの通りになるとは限らない。日本では、そもそも劇場公開の時点で海外から1ヶ月ほど遅れているので、今回の国内リリースもまた1ヶ月ほどの時差が起こる可能性が高いだろう。

では、一方で悪いニュースとは?…もっとも、これを悪いニュースと捉えるか、こっちも良いニュースと捉えるかはあなた次第だが、結局『スーサイド・スクワッド』ソフト版も、『バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生』と同じように、重要な意味を持つシーンでありながらも劇場版ではカットされた場面を含む、”Extended Cut”版になるということだ。

『バットマンvsスーパーマン』の劇場公開時やソフト版リリースの頃と、『スーサイド・スクワッド』劇場公開時の世論を追っていた人なら、筆者が何を言いたいかわかってくれるはずだ。つまり、ストーリー上欠けてはいけないようなシーンをいくつもカットし、穴だらけの状態で公開され、完全版を観たかったらBlu-rayやデジタル版を買ってね、という形で結果的に批判を呼ぶことになってしまった『バットマンvsスーパーマン』と同じ失望がファンの間に広がっていくだろう、ということだ。

『スーサイド・スクワッド』も、公開直後から脚本の不出来を指摘する声は大きかった。ジョーカーの登場シーンが大幅に削られ、あれこれ問題になったのを覚えている方も多いだろう。その後、劇場版からカットされた場面が明かされると、その内容でようやく劇場版で感じた疑問が頭の中で補完されることとなり、「もしかして今回も、結局完全版はBlu-rayまでおあずけってこと?」との不安が広がっていた。残念というべきかなんというべきか、その不安が的中してしまったわけである。

映画を楽しんだ観客にとっては、さらに未公開シーンも収録されたBlu-ray/デジタル版の発売を歓迎するかもしれない。しかし多くのファンは、「お金を払って劇場に観に行ったのに、そこで観せられたのは不完全なバージョンで、完全なものは数ヶ月後にまたお金を払って購入しなくてはいけないのはおかしい」という欠陥を指摘する。海外メディアのCOMICBOOKMOVIE.comは、このニュースを「ある意味、『スーサイド・スクワッド』は『バットマンvsスーパーマン』よりもガッカリなものになってしまった」との痛烈な一文から報じている。
ファンが危惧するのは、今後のDC映画の制作体制についてである。『バットマンvsスーパーマン』と『スーサイド・スクワッド』、二作も続いて編集にゴタゴタがあり、満足の行く内容が劇場公開されていないという事態が事実となったことで、『ワンダー・ウーマン』や『ジャスティス・リーグ』、さらに先日タイトルが明らかになったベン・アフレック制作の『ザ・バットマン』でも同様のトラブルに見舞われないだろうかという不安は拭えない。

今回、公式は”Extended Cut”と表現し、”Spread the word”(噂を広めてね)と濁している。アルティメット・エディションとか、ディレクターズ・カット、という言い方はしていない。公開された映像では、ハーレイ・クインとなる前のハーリーン・クインゼルの姿がフォーカスされたものが含まれている。劇場版ではわかりにくかった、ハーレイとジョーカーのラブストーリー、とりわけ酸のタンクに落下するくだりの前後とかもちゃんと収録してくれるのだろうか。

なんやかんや書かせてもらったが、筆者としてはスーサイド・スクワッドめっちゃ楽しかったよ派なので、国内でのリリースを心待ちにしたい。なんとか年内にデジタル版だけでもリリースしてくれないかなぁ…。続報が入れば、またお伝えする。

Source:https://www.comicbookmovie.com/suicide_squad/official-suicide-squad-is-getting-an-extended-cut-check-out-the-a145707

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly