Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』までに地球と宇宙はどう繋がる?未確認情報から展開を大胆予想

「地球」と「宇宙」ふたつの世界はどう繋がる?

2018年に公開される『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、これまでマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で展開されてきたストーリーの“総決算”になるとみられる。2019年には『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』も予定されているが、なにしろ『インフィニティ・ウォー』はヒーローたちと闇の帝王サノスがついに激突するというストーリーだ。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『アントマン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』といった最近のMCU作品は、主に地球をその舞台としてきた。しかし『インフィニティ・ウォー』でアベンジャーズとサノスが対決する、さらに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが参戦するとなれば、「地球」と「宇宙」で分かれていた世界観ははっきりと統合されるはずだ。

今後公開される『ドクター・ストレンジ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』『ソー/ラグナロク(原題)』には共通点がある。どの作品も、地球だけでなく宇宙あるいは異星、もしくは異次元が舞台になっていることだ。これは『インフィニティ・ウォー』でのクロスオーバーを意識した流れだと考えてよいだろう。

“地球代表”であるアベンジャーズが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』である「破局」を迎えたのに対し、これから登場する宇宙や異次元のヒーローはどう活躍して、いかにして地球にたどり着くのだろうか? 『インフィニティ・ウォー』までの展開を、最新の未確認情報から予想してみたい。

注意:本記事の「未確認情報」は一部正式に否定されているほか、情報源であったSchmoes Knowが一連の情報をすでに削除している(2016年10月6日現在)。あくまで「噂」にすぎない/すぎなかった内容としてご理解いただければ幸いである。詳細は下の記事をご覧いただきたい。

情報①スター・ロードが『インフィニティ・ウォー』の重要人物に?

1つ目の情報は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でクリス・プラットが演じたピーター・クイル/スター・ロードが『インフィニティ・ウォー』で大きな役割を担うというものだ。この情報を入手したSchmoes Knowによれば、現時点で『インフィニティ・ウォー』の脚本は執筆段階であり、それ以上の情報は不明だという。

もっとも、すでにグルートの声を務めるヴィン・ディーゼルが『インフィニティ・ウォー』出演を明かしているほか、脚本を担当するクリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーはロケット・ラクーンの登場を示唆している。スター・ロードだけが地球に来ることは考えづらく、したがってこれは「出番が多い・少ない」という話ではないだろう。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の冒頭で描かれていたように、ピーター・クイル/スター・ロードはもともと地球人で、幼い頃にさらわれて宇宙にやって来たという過去の持ち主だ。そんな彼が地球に戻ってくることはキャラクターにとって非常に大きな意味を持つ。サノスによる攻撃を警告するため地球を訪れるとしても、ただ単に警告するというだけでは終われないはずだ。

そもそも、そんなターニングポイントを『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ではなく『アベンジャーズ』シリーズで描いてしまうのか?という疑問もある。そこで考えられるのが、スター・ロードが『インフィニティ・ウォー』に先がけて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』で地球に戻ってくるという可能性だ。

情報②スター・ロードに父親を探させる「エルダーズ」の存在

Schmoes Knowは、スター・ロードの動向を予想しうる「もうひとつの情報」を独自に入手している。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』には、“古代超人集団”ともいうべき「エルダーズ・オブ・ユニバース」なる存在が登場するようだ。

このエルダーズ・オブ・ユニバースは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』でスター・ロードが自らの父親イーゴ・ザ・リビングプラネットを探すきっかけになるという。なぜ父親が惑星なのか、またイーゴがどんな姿なのかは不明だが、それでもスター・ロードが父親を探すために地球を訪れる可能性はあるだろう。ちなみにイーゴ役はカート・ラッセルが演じている。

「父親探し」というストーリーによってスター・ロードが地球にやってくるなら、それは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』メンバーの『インフィニティ・ウォー』参戦にも直接繋がることだろう。しかしスター・ロードに父親を探させるエルダーズ・オブ・ユニバースは、それ以上にMCU全体にとって重要な存在となりそうだ

情報③エルダーズがヒーローたちを繋ぐ?

“古代超人種族”であるエルダーズ・オブ・ユニバースはコミックにも登場している。そのメンバーはほぼ不老不死、しかし一人一人は各種族の生き残りのため、エルダーズとして集まって銀河系を監視するという設定だ。

じつはMCU作品には、すでにエルダーズのメンバーがひとり登場していた。この男である。

http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Thor-dark-world-movie-screencaps_com-12310.jpg
http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Thor-dark-world-movie-screencaps_com-12310.jpg

ベニチオ・デル・トロ扮するコレクター、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場して強烈なビジュアルと怪演を見せつけたキャラクターだ。乱暴な説明になるが、エルダーズのメンバーはそれぞれが自身の探求心に忠実な恐るべき趣味人である。コレクターの場合、それが「コレクション」というわけだ。

何人いるの?エルダーズ

Schmoes Knowは、今後のMCU作品にはエルダーズのメンバーが最低5人現れると報じている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』には、コレクターのほかエリザベス・デビッキが演じるアイーシャと、シルベスター・スタローンシャロン・ストーンが演じる役名不詳のキャラクター。さらに『ソー/ラグナロク』でジェフ・ゴールドブラムが演じるグランドマスターもエルダーズのメンバーだ(追放された設定という情報もある)。

すでにコレクターは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『マイティ・ソー』に登場しているが、このようにエルダーズの存在が宇宙を舞台とする2作の世界観を束ねてくれるなら、彼らはそのまま地球と宇宙のヒーローをつなぐきっかけともなりうるだろう。

未確認情報の謎と矛盾

しかしながら、今回報じられた情報にはいくつかの謎と矛盾が含まれている。

まず、コミックにはアイーシャ(エリザベス・デビッキ)がエルダーズのメンバーだという設定はない。Schmoes Knowは、アイーシャのキャラ設定が映画のために一部変更されたのではないかと推測している。この読みが正しければ、スタローンとストーンが演じるキャラクターも、コミックではエルダーズのメンバーではない可能性がありそうだ。

また『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』のジェームズ・ガン監督は、以前「(『Vol.2』に)コレクターは登場しない」と述べていた。先日デル・トロはコレクターらしきウィッグを着けて何らかの撮影に参加していたものの、今回の情報とガン監督の発言は明らかに矛盾している。コレクターは名前だけの登場という可能性もなくはないが……。

スター・ロードと地球の関係、そしてMCUの“宇宙サイド”を牛耳る超人たち。これらがすべて『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に繋がっていくとすれば、ストーリーの流れはスムーズになりそうな一方で、やはりとてつもないスケールとなりそうだ。

もちろん今回の情報はすべて未確認であり、その信ぴょう性には一定の疑念が残る。「信じすぎず疑いすぎず」で、これからのMCUを楽しむためのトリビアとしてご理解いただきたいところだ。

sources: http://schmoesknow.com/schmoes-exclusive-sizable-role-in-infinty-war/44744/
http://comicbook.com/2016/10/05/avengers-infinity-war-rumored-details-reveal-sizable-role-for-st/
http://schmoesknow.com/schmoes-exclusive-elders-guardians-galaxy-vol-2-thor-ragnarok/44742/

Eyecatch Image:https://youtu.be/WNG3VcdDjvQ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly