Menu
(0)

Search

『グランド・イリュージョン』第2作監督、続編に意欲示す ─ 脚本の草稿あり、「どうなるのかは様子見」

グランド・イリュージョン
© Summit Entertainment 写真:ゼータ イメージ

『グランド・イリュージョン』シリーズの第2作『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(2016)で監督を務めたジョン・M・チュウが、かねてより企画が噂されていた第3作への意欲を見せている。

第2作の公開前となる2015年5月、製作を務めるLionsgateのジョン・フェルテイマーCEOは、本シリーズ第3作の企画が存在することを発表。以降、正式な発表に関する音沙汰は一切ないものの、第3作への続投を過去に報じられたチュウ監督は、米ComingSoon.netにて企画の存在を認めている。

「『クレイジー・リッチ!』(2018)の前、良い出来の草稿があったんです。だけど、脚本が素晴らしいと言えるまで、みんなを呼び戻す予定はなかったんですよ。だから、少しの間だけLionsgateに委ねることにしました。どうなるのかは様子見ですね。もう一度ジェシーとはご一緒したいです。彼は、僕が世界で一番好きな人のうちの一人だから。」

『G.I.ジョー バック2リベンジ』(2013)や『クレイジー・リッチ!』 などの映画作品を手がけてきたチュウ監督は、次回作のひとつである米Apple製作のドラマシリーズ「Home Before Dark」で製作・エピソード監督を担当。「このドラマみたいに、より長い形式でストーリーテリングを探求したいと思っていました」とフィルムメーカーとしての想いを語っている。

「登場人物たちをより深く掘り下げることは、『グランド・イリュージョン』シリーズのような映画と同じくらい、楽しくて、華々しいこと。とてもワクワクしますね。とても素晴らしい機会をもらえました。だから、『Now You See Me 3』あるいは『Now You 3 Me』の様子を見ておかないといけませんね。」

チュウ監督が熱いラブコールを送る俳優ジェシー・アイゼンバーグは、本シリーズでメインキャラクターのひとり、J・ダニエル・アトラス役を好演。企画について何も聞いていなかったというジェシーは、「自分のキャラクターが大好き」だと語り、監督と同じく続投に意欲を示していた。脚本の存在が明らかになった今、企画の運命は製作会社の判断に委ねられているということだろうか……。

あわせて読みたい

Source: Deadline, ComingSoon.net

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly