Menu
(0)

Search

チェスター・ベニントンの歌声が蘇る ─ 1997年に書かれたチェスターの喪失感と失望歌う「シックネス」MVが公開

photo credit: Anjella/Sakiphotography

2017年7月20日に自殺によりこの世を去ったリンキン・パーク(LINKIN PARK)のボーカリスト、チェスター・ベニントンが1990年代に地元フェニックスで組み、亡くなる直前まで再結成を夢見ていたバンドグレイ・デイズ(GREY DAZE)より、2020年4月10日リリースとなるアルバム『アメンズ(原題:AMENDS)』の収録曲「シックネス」が先行配信となった。ミュージック・ビデオも公開となっている。

この楽曲「シックネス」はもともと1997年に書かれたもので、当時のチェスターがどうにか理解しようとしていた喪失感や失望が描かれている。助けを求め、自暴自棄になっていたチェスターの叫びを反映させたような、どこまでも伸び続けるクライマックスがある楽曲だ。詞はチェスターと、親友でありドラムスを担当するショーン・ダウデルによる共作。

ショーンは、このミュージック・ビデオに関して以下のように語っている。

「このビデオは、チェスターが15歳の頃の実話に大まかには基づいているんです。彼は学校でいじめられていて、ある日実際に暴行も受けてしまった。僕は2歳年上だったので、友だちを集めて翌日公園に行き、その子を懲らしめてやった。その日から僕はチェスターを守る役目を担い、それ以来彼が亡くなった現在も兄のようになったんだと思う。」

4月10日に世界同時リリースとなるアルバム『アメンズ』は、2017年にチェスターがグレイ・デイズを再結成し、当時バンドに足りていなかったリソースなどをメンバーと共に再構築、再録音すると発表したところから始まった。メンバーはすでにリハーサルを始めており、チェスターもリンキン・パークのツアーが終わったらスタジオに入る予定だったが、同年7月20日にチェスターが急逝する。

一旦は皆途方に暮れたものの、残ったメンバーのショーン・ダウデル(ds)、メイス・ベイヤーズ(b)、クリスティン・デイヴィス(g)、そしてチェスターの両親と未亡人のタリンダが、ロマ・ヴィスタ・レコーディングスの創設者でありリンキン・パークが在籍するワーナー・ブラザーズ・レコードの元会長トム・ワーリーの支援を受けてプロジェクトを実現することを使命とした。

ショーン、メイス、クリスティンの3人で90年代半ばのバンドのトラックからまず選曲、90年代のオリジナルのチェスターのヴォーカルにリマスターを施し、2019年にそのヴォーカルをメインにしつつ新たにサウンドをレコーディング。ジェイ・バウムガードナーがプロデュースをし、KORNのブライアン“ヘッド”ウェルチ、ジェームス“マンキー”シャファー、ペイジ・ハミルトン(ヘルメット)、クリス・トレイナー(ブッシュ、ヘルメット、オレンジ9MM)、シンガー・ソングライターのLPなどもレコーディングに参加している。

ショーンとタリンダ・ベニントンはローリング・ストーンに本プロジェクトがどのように実現に至り、世界中のファンと本作品を共有できる感動について話している。

「彼がグレイ・デイズをもう一度やりたかったのは音楽が素晴らしかったから。彼は昔からこのバンドの音楽が好きだったし、この音楽を自分で作ることができたことに興奮していました。彼が多くの経験と成功を得た後に、このバンドをまたできることにとてもワクワクしていたんです。いま、彼の声が聞こえる。“最高だ!”って。」

また、KORNのブライアン “ヘッド” ウェルチは「レンジ、パワー、どちらをとっても彼が最盛期にいるように聴こえる」とも語っている。

本作品は、チェスターと親密だった周りの人たちの輪だけでなく、チェスターの声をもう一度聴くのを待っている何百万人のファンにとっても、10代の頃からのチェスターのメッセージが現代のサウンドで蘇る重要な作品だ。グレイ・デイズのアルバム『アメンズ』は2020年4月10日リリース。

グレイ・デイズ / アメンズ 収録曲

  1. シックネス
    Sickness
  2. サムタイムス
    Sometimes
  3. ホワッツ・イン・ジ・アイ
    What’s In The Eye
  4. ザ・シンドローム
    The Syndrome
  5. イン・タイム
    In Time
  6. ジャスト・ライク・ヘロイン
    Just Like Heroin
  7. B12
    B12
  8. ソウル・ソング
    Soul Song
  9. モレイ・スカイ
    Morei Sky
  10. シー・シャインズ
    She Shines
  11. シャウティング・アウト
    Shouting Out
    DAF Fall Out

※ボーナストラック収録予定

合わせて読みたい
 

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly