Menu
(0)

Search

ギレルモ・デル・トロ版『フランケンシュタイン』頓挫の陰に「ダーク・ユニバース」か ─ 痩せこけたフランケンの構想とは

ギレルモ・デル・トロ
Photo by GuillemMedina https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Guillermo_del_Toro,_Festival_de_Sitges_2017.jpg

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)『パシフィック・リム』(2013)のギレルモ・デル・トロ監督は、かつて『フランケンシュタイン』(1931)のリメイク企画に着手していた。残念ながら実現には至っていないが、どんな作品になるはずだったのか、そしてなぜ実現されなかったのか。

フランケンシュタイン役に起用される予定だったのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』で半魚人役を演じるなど、デル・トロ作品でクリーチャー役を数々こなしてきたダグ・ジョーンズ。このたび米Colliderでは、2009~2010年ごろにメイクテストなどの準備が行われていたことが明かされている。フランケンシュタインのデザインに参加していたのは、DCコミックスの人気キャラクター・スワンプシングを生んだバーニー・ライトソン。フランケンシュタイン作品のアートワークを数々手がけてきた人物だ。

「最初に思ったのは、みなさんが思うような、大柄で骨太の、鈍いフランケンシュタインにはなれないということでした。ただ、ギレルモがバーニー・ライトソンの大ファンであり、友人だったので、僕の見た目に合わせて彼が描いてくれると。やつれて痩せこけた、哀れな見た目の、だけど異様に腕力があり、運動能力も高いフランケンシュタインを。」

実際のところ、ジョーンズ自身がメイクテストに臨んだことはなかったものの、『ヘルボーイ』シリーズでデル・トロと組んだ特殊メイク工房・Spectral Motionはすでに試作を進めていたとのこと。ジョーンズはフランケンシュタインの姿となった自分の胸像を見せてもらった際、「涙が出てきた」と話している。「あれは忘れられないほど美しかった。バーニー・ライトソンのアートに敬意を払い、見慣れたフランケンシュタイン像とは違う見た目になっていて」

なぜ、デル・トロ版『フランケンシュタイン』が頓挫したのかはわからない。しかしジョーンズは、権利元のユニバーサル・ピクチャーズが当時から構想していた「ダーク・ユニバース」がその原因だと推測する。「ダーク・ユニバース」とは、マーベル・シネマティック・ユニバースのごとく、ひとつの世界観のもとで、クラシックなモンスター映画に基づく物語とキャラクターが展開するという構想。トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017)でスタートしたが、興行的不振ゆえに一作限りで打ち切られた。

「トム・クルーズの『ザ・マミー』で新たな時代が始まるはずで、(『フランケンシュタイン』は)そこに加わる予定だったのだと思います。ただ、根拠はなく言いますが、ギレルモは独立した映画を作りたがっていたんだと思う。彼なりの芸術作品で、小説やオリジナルの映画に敬意を捧げるものを。その後、まったく話を聞かなくなってしまいました。もしオファーがあれば、何がなんでもやりたいですね。」

ダーク・ユニバースの失敗がデル・トロ版『フランケンシュタイン』の頓挫に繋がったのか、ダーク・ユニバースに『フランケンシュタイン』を加えることをデル・トロが拒んだために企画ごと消滅したのか、あるいはすべてはジョーンズの憶測にすぎないのかはわからない。もっともデル・トロは、2007年にユニバーサルから「モンスターズ・ユニバース」すなわち、のちのダーク・ユニバースの指揮を打診され、これを断っていたことを認めている。デル・トロは「後悔している」と語ったが、もはや『フランケンシュタイン』をめぐる真相は藪の中だ。

現在、デル・トロはアニメ映画版『ピノキオ(原題:Pinocchio)』や、ブラッドリー・クーパー主演『Nightmare Alley(原題)』を進行中。ジョーンズとの再タッグは未定とみられるが、ジョーンズ自身は「ギレルモの仕事ならなんでもやりたいし、僕がなんでも引き受けることは彼も知っています」と話す。「どんな話なのかは後から知るんですよ。どういうオファーであろうと信頼できる監督のひとりです」。

あわせて読みたい

Sources: Collider, New York Times

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly