Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』はリピート鑑賞大歓迎、「何度でも観たくなる映画」目指す

© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

ゴジラとキングコングが因縁の対決を果たす、映画ゴジラvsコングがいよいよ世界各国での劇場公開を迎えつつある。日本公開は2021年5月14日(金)ともう少し先だが、ファンにとってはもはや「何回観るか」が問題だろう。観るか観ないかという選択肢など、そこには存在しない。

監督のアダム・ウィンガードが目指したのは、まさしく、そんなファンの鑑賞にも耐える“何度でも観られる映画”だった。米CBRでは、「(この映画を)密度の高いジェットコースターにしたかった」という言葉に加え、監督の口から気合いの入りまくったコメントが飛び出している。

「この映画でやりたかったのは、最初から最後までずっと楽しい、そういう感覚を取り戻すことでした。一瞬たりとも退屈な瞬間がない、100万回でも見直せる、そんな映画を作ることです。何回も観てもらえるのは非常に大切なことで、僕自身も夢中になった映画は何度も何度も観ています。だから、何回でも繰り返したくなる体験を作ること、ずっと心をつかんで離さないものにすることが目標だったんです。」

ウィンガード監督の厳しい視線は、なんと東宝版『ゴジラ』シリーズにも向けられている。「みんなが観たいのは怪獣のバトルとテクノロジー」「人間の出番が多すぎる作品もあったと思う」と言い、本作のオリジナルにあたる『キングコング対ゴジラ』(1962)についても「ぜんぜん面白くないシーンもあった。ニュースのレポーターの場面とか」とバッサリ斬っているのだ。

ちなみに監督は、『ゴジラvsコング』を仕上げるにあたり、2時間未満の上映時間に収めることにこだわったことを明かしている。「世界の状況を示してキャラクターを登場させるのに30分、目標を作ったらすぐにスタート。自分の中の7歳児がそんな映画を観たがっていました」。ここまで言い切るほどである、観客を飽きさせないことには並々ならぬ自信があるということだろう。

映画『ゴジラvsコング』は2021年5月14日(金)に全国公開予定。

あわせて読みたい

Source: CBR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly