Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』海外最速レビュー、怪獣対決に熱狂 ─ 「シリーズ最高傑作」の声、人間パートに懸念も

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

映画ゴジラvsコングの米国公開が2021年3月31日に迫った。本国の批評家やジャーナリストたちは、これを控えて“運命の一戦”をいち早く鑑賞している。

ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)に続く「モンスターバース」の集大成とは? 前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)でモスラ・ラドン・キングギドラと激突したゴジラの次なる戦いとは? そして、劇中では約50年を経て登場するキングコングの成長ぶりとは……?

『ゴジラvsコング』二大怪獣、因縁の決戦

シャノン・マッグルー(批評家)

「『ゴジラvsコング』は、二大怪獣による驚愕のファイトシーンを主とするビジュアル・スペクタクル。ウィンガードの演出スタイルは、カラフルかつ驚きの方法ですべてを見せながら、80年代の“怪獣”をも想起させる。言うまでもなく楽しい映画!

ペリ・ネミロフ(Collider)

「予想通り、そしておそらく本来そうあるべき通り、怪獣の対決こそが『ゴジラvsコング』で最も素晴らしいパート。アダム・ウィンガード(監督)は間違いなく、そういう瞬間を作り出せる眼の持ち主! 人間のキャラクターを組み込むことに成功したとは思わないけれども、一流のアンサンブルが支えになっている。」

ジョン・グェン(Nerd Reactor)

「『ゴジラvsコング』には息を呑む。驚くほどすばらしい、余裕のシリーズ最高傑作。物語の核にはコングがいて、人間の物語が怪獣たちの冒険を補って、かつ輝かせています。アイコニックなモンスター2体の戦いは、それだけでも観る価値がある。」

 

スティーブン・ワインストローブ(Collider)

「『ゴジラvsコング』を2回観ました。人間のシーンは誰もが予想した通り、特に語ることはありません。ゴジラとコングの出番こそ、みなさんがIMAXでこの映画を観る理由になる。それぞれの力が示されるシーンがあるほか、第三幕は最高の出来です。」

エリック・デイヴィス(Fandango)

「A級の出来栄え! 怪獣の乱闘がカッコ良く、そして美しい──大規模なファイトのすべてがきちんとデザインされ、とんでもなくすごい。堅実なストーリー、強力なキャスト、とても良い音楽。これぞまさしく“深夜のモンスター映画”。現代版ゴジラ/キングコング4作品(モンスターバース)のうち、一番のお気に入りになりました。

ゴジラの前作(『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)にさほど熱中しなかったのは、ストーリーがわかりづらく、戦いもはっきり見えなかったから。今回はまるで違い、ストーリーがわかりやすく、戦いも非常にすばらしい。アダム・ウィンガード監督による“真夜中の映画”らしさが全編に行き届いています。」

マイク・ライアン(UPROXX)

「僕は前回のゴジラ映画(『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)が大嫌いでした。だけど『ゴジラvsコング』には最大級の賞賛を贈ることができます。昼間の戦闘も含め、一貫したわかりやすさのある映画で、何が起きているのかを常に理解できる。これはまぎれもなく褒め言葉です。」

ロブ・キース(Screen Rant)

「モンスター・ファイトとコングの人間味を堪能しました。大きな達成です。プロットや人間のキャラクター、伝承の説明は残念ながら現代版シリーズ(モンスターバース)で最も弱いけれど、それでも、もっと続編を観たい!」

マイク・レイエス(Cinema Blend)

「『ゴジラvsコング』はジェットコースター。実際のところ、パーツが欠けていたり、油をひいたレールを滑り抜けるようだったりもするけれど、プロット重視だった『キング・オブ・モンスターズ』の影響下では、それもこの映画が大好きな理由に含まれます。アダム・ウィンガードは自分のスタイルと色彩をモンスターバースに持ち込みました。

これこそ純粋に現実離れしたアドベンチャーであり、楽しい人々や本当に面白いヴィランが登場し、どのフレームにも大作らしさが感じられる。僕は確実に劇場で観るでしょうし、3DやIMAXだけがこの体験を強化できると思うのです。もっとモンスターバースの映画を観たい!

『ゴジラvsコング』のちょっとした進化は、作品の中身で遊んだところ、そして色彩! この世界はとても鮮やかで、カラフルで、きっとこの見栄えを好きになるはず。とあるシーンは一流テーマパークのシミュレータから飛び出してきたかのようで、これは大いなる賛辞です。

まとめると、『ゴジラvsコング』は楽しく、すべてを活かし切った作品。ストーリーとスペクタクルの良いバランスにもどんどん近づいていて、今後のモンスターバースの展開にも期待しています(この映画に人々が詰めかけることを願います!)。」

映画『ゴジラvsコング』は2021年5月14日(金)に全国公開予定。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly