Menu
(0)

Search

『ゴジラ VS コング』配信リリースの可能性が浮上、NetflixとHBO Maxが候補か

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2016)から繋がる「モンスターバース」最新作、『ゴジラ VS コング(原題:Godzilla vs Kong)』が配信リリースとなる可能性が浮上してきた。米The Hollywood ReporterDeadlineが報じている。

報道によると、『ゴジラ VS コング』の配給権獲得に名乗りを上げたのはNetflixで、製作を務めたレジェンダリー・ピクチャーズに2億ドルの権利料を支払う方向性で打診。ところが、ワーナー・ブラザースの親会社である米WarnerMediaが協議を阻止し、自社のストリーミングサービス「HBO Max」での配信に向けた話し合いに入っているという。

本作はレジェンダリー・ピクチャーズが予算の75%を、ワーナー・ブラザースが残りの25%を出資しているものの、公開・配信の決定権はワーナー側が保持しており、The Hollywood Reporterは「作品の運命は最高幹部の手にかかっている」と記した。取材に対し、レジェンダリーはコメントを拒否し、ワーナーは「予定通り来年に劇場公開する計画」と応じたという。

コロナ禍を受け、ワーナーは配信リリースにも積極的に取り組んでおり、『ワンダーウーマン 1984』は米国において劇場公開と同日にHBO Maxでの配信が予定されている。ワーナーの「予定通り劇場公開する計画」というコメントが真実であれば、『ゴジラ VS コング』にも同様の可能性が考えられるものの、すべては『ワンダーウーマン 1984』の成績次第と言えるだろう。なお『ゴジラ VS コング』は、これまでのハリウッド版『ゴジラ』シリーズと同様、日本国内での配給は東宝が担当する。米国・日本双方の展開について、今後の動きを注視したい。

本作の出演者には、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』からミリー・ボビー・ブラウン&カイル・チャンドラー、チャン・ツィイーが続投。新キャストとして『ターザン:REBORN』(2016)のアレクサンダー・スカルスガルド、『アイアンマン3』(2013)のレベッカ・ホール、『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)のブライアン・タイリー・ヘンリーらが加わり、日本から小栗旬が参戦する。監督は『サプライズ』(2011)『ザ・ゲスト』(2014)のアダム・ウィンガード。以前、「キングコングとゴジラの対決を観るため、なるべく大きなスクリーンを探しておいて!」と豪語していたが、果たして。

映画『ゴジラ VS コング(原題:Godzilla vs Kong)』は2021年5月21日に米国公開予定。

どうなるゴジラ VS コング(意味深)

Sources: The Hollywood Reporter, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly