Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』続編、主要キャスト決定 ─ 『美女と野獣』野獣役ダン・スティーヴンスに

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

“モンスター・ヴァースの集大成”、『ゴジラvsコング』(2021)の続編映画に出演する主要キャストが発表された。米Deadlineが報じている。

タイトル未定の本作にキャスティングされたのは、ディズニーの実写版映画『美女と野獣』(2017)で野獣(ビースト)役を演じ、『野性の呼び声』(2020)『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』(2021)などに出演しているダン・スティーヴンス。演じるキャラクターの詳細は明かされていない。

『ゴジラvsコング』でメガホンをとったアダム・ウィンガードが監督として続投。2022年夏より豪クイーンズランド州の都市、ゴールドコーストおよびサウス・イースト・クイーンズランドにて撮影開始の予定だ。

スティーヴンスは、貴族と使用人の関係を描いて世界的な大ヒットとなった英ドラマ「ダウントン・アビー」シーズン1~3でマシュー・クローリー役を演じて注目され、マーベル・コミックのキャラクターを下敷きにしたドラマ「レギオン」(2017‐2019)に主演。『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』(2014)『職人と魔法のミシン』(2014)、ギャレス・エヴァンス監督によるNetflixのカルト作『アポストル 復讐の掟』(2018)などでも活躍している。ウィンガード監督とは、『ザ・ゲスト』(2014)ぶりの再タッグとなる。

『ゴジラvsコング』は、コロナ禍で米国興行収入1億ドルを突破した2本目の映画となり、4億6800万ドルの世界興入を叩き出す大ヒットに。Apple TV+では、ゴジラとタイタンたちの壮絶な戦いで破壊されたサンフランシスコを舞台にしたドラマ化企画も進んでおり、モンスター・ヴァースが拡大中だ。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly