Menu
(0)

Search

『DUNE』続編、黒幕の宇宙皇帝役にクリストファー・ウォーケン決定 ─ フローレンス・ピューと親子役に

Christopher Walken クリストファー・ウォーケン
Photo by Pierre Vogel zhttps://commons.wikimedia.org/wiki/File:Christopher_Walken_2018.jpg

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』の続編『Dune: Part Two(原題)』に、『ディア・ハンター』(1978)や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002)で知られる大御所俳優クリストファー・ウォーケンが出演することが決定した。宇宙皇帝シャダム4世役を演じる。米Deadlineが報じている。

シャダム4世は、ハルコンネン家と手を組みアトレイデス家の没落を裏で画策する宇宙皇帝。1984年のデヴィッド・リンチ版では、『シラノ・ド・ベルジュラック』(1950)などで知られたホセ・フェラーが、2000年のテレビドラマ版では『007』シリーズなどのジャンカルロ・ジャンニーニが演じた。

主演のティモシー・シャラメをはじめとする前作のキャストに加え、続編では『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)や、2022年7月公開の『エルヴィス』で主演を務めるオースティン・バトラーがフェイド=ラウサ役、『ミッドサマー』(2019)『ブラック・ウィドウ』(2021)などのフローレンス・ピューがシャダム4世の娘であるイルーラン姫役で新たに出演する。ウォーケン演じるシャダム4世の発表により、続編のメインキャストはひとまず揃ったものと思われる。

監督にはドゥニ・ヴィルヌーヴが続投。ドゥニは第1作のジョン・スペイツと共に脚本を兼任した。撮影開始は2022年秋の予定。現在はハンガリー・プダペストでプリプロダクション(撮影前準備)が行われている。

映画『Dune: Part Two(原題)』は、2023年10月20日に米公開予定。

※記事内に一部誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly