Menu
(0)

Search

『ハロウィン』続編2部作、米国公開が1年延期に ─ あわせて本編映像が公開

ハロウィン
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

ホラー映画の巨匠ジョン・カーペンターによる同名の傑作ホラー映画を現代に蘇らせた『ハロウィン』(2018)の続編2部作『ハロウィン・キルズ(原題:Halloween Kills)』『ハロウィン・エンド(原題:Halloween Ends)』の米国公開が延期となったことがわかった。あわせて、本編映像も公開された。

当初、『ハロウィン・キルズ』は2020年10月16日に米国公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて、2021年10月15日に延期が決定。この日に公開予定だった『ハロウィン・エンド』は同じく1年繰り下げられ、2022年10月14日に延期されることになった。

今回の決断に至った具体的な理由について、ジョン・カーペンターとデヴィッド・ゴードン・グリーン監督は、「今年の10月に予定通り公開するとなれば、劇場体験が損なわれてしまうという現実を受け入れなければなりません」と声明を発表している。万全の状態での劇場公開を望む二人は、進捗についても言及した。

「ユニバーサル・ピクチャーズに同意して頂き、2021年10月には通常版に加えて、IMAX版でも上映することを決定しました。現在は、切り刻んだり、叫んだり、ゾワゾワするような恐怖を実現させられる、最高のデザインチームと共に音響編集をしているところです。ファンが求めるような品質で映画を完成させることが出来るでしょう。『ハロウィン・エンド』の製作準備も始まりましたよ。」

今回の延期について主人公ローリー役のジェイミー・リー・カーティスは自身のTwitterにて、胸の内を明かしている。「皆さんと同じように私も落ち込んでいます。傑作です!待つだけの価値はありますよ!」。

また、前作の終わりから始まる本編映像も公開。映像には主人公ローリーたちが向かう先の反対車線に消防車が現れ、「燃やしたままにしなさい!」と叫ぶ場面が捉えられている。あの家の火事は消してはならない……。

ちなみに、ジョーダン・ピールが製作・脚本を務める『キャンディマン(原題:Candyman)』の米国公開日は2020年9月25日から、『ハロウィン・キルズ』の公開予定日だった10月16日に延期。また、無期延期とされていた『パージ』シリーズの第5作『ザ・フォーエバー・パージ(原題:The Forever Purge)』に関しては、2021年7月9日に米国公開されることが決まった。

あわせて読みたい

Source: John Carpenter Jamie Lee Curtis Deadline

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly