Menu
(0)

Search

『ハロウィン』続編、新3部作完結への「前編」にあらず ─ 第2作『ハロウィン・キルズ』あくまでも独立した作品に

ハロウィン
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

鬼才ジョン・カーペンターによる同名の傑作ホラー映画を現代に甦らせた『ハロウィン』(2018)の続編にして、新3部作の第2作である『ハロウィン・キルズ(原題:Halloween Kills)』は、3部作の完結に向けた“前編”ではなく、あくまでも単独作品として仕上がっているという製作を担当するジェイソン・ブラムが米io9のインタビューで語っている。

ブラムによると、2020年10月の米国公開に先がけて、すでに『ハロウィン・キルズ』は全編を観られる状態にあるとのこと。第3作『ハロウィン・エンド(原題:Halloween Ends)』に繋がる形で物語が終わるのではないかという懸念に対し、ブラムは単独作品としての独立性を保証した。

「私自身『ハロウィン・キルズ』を見るまでは心配していましたし、監督のデヴィッド(・ゴードン・グリーン)も不安そうでした。『ロード・オブ・ザ・リング』みたいにならないか、(すべてが)わからないままにならないかと。でも、そんな感じは全くありませんでした。完全に独立した作品のようになっていますよ。」

ブラム氏は本作について「かなり良いですよ」と述べ、その終わり方についても「2作目の結末を見たら、3作目がどういう方向に進むのかは想像できると思いますが、それでも2作目はきちんと満足できる結末になっています」と話している。なお、第3作『ハロウィン・エンド』の撮影は間もなく開始されるようだ。

『ハロウィン・キルズ』には、1978年の第1作からローリーを演じてきたジェイミー・リー・カーティスが続投するほか、同作でリンジー・ウォレス役で出演したカイル・リチャーズが復帰。第1作をはじめシリーズに複数回登場してきたトミー・ドイル役を、今回は『ブレックファスト・クラブ』(1985)や『フォックスキャッチャー』(2014)などのアンソニー・マイケル・ホールが演じる。

第2作『ハロウィン・キルズ』は2020年10月16日、第3作『ハロウィン・エンド』は2021年10月15日に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: io9

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly