『スター・ウォーズ/新たなる希望』から『最後のジェダイ』へ ― ルーク役マーク・ハミルが考える「時代の変化とその反映」

1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から、2017年『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』へ
スカイウォーカーやフォースの力をめぐる「スター・ウォーズ」のメイン・サーガは、40年という長い月日をかけて変化してきた。なかでも顕著な変化を示したのが、永遠の主人公であり“ヒーロー”であるルーク・スカイウォーカーの物語だった。姿を消したルークは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で再登場した際、惑星オクトーにて隠遁生活を送っていたのである。

なぜルークは姿を隠さねばならなかったのか、『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)からの“知られざる時間”に何が起こったのか。その回答として『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で示されたのは、ファンの想像を超える背景と展開だった。
激しい賛否両論を呼んだ『最後のジェダイ』について、ルーク役のマーク・ハミルは米IGN誌にて改めて振り返っている。キーワードとなるのは、『新たなる希望』から経過した40年という時間の変化だ。

ルークの物語には「時代の変化」が表れている?


若くて勇敢なヒーローから、歳を重ねて屈折した老人へ。あまりにも振れ幅の大きい変化について、誰よりも戸惑ったのはマーク・ハミル本人だった。

「『ジェダイの帰還』と『フォースの覚醒』の間には大きな(時間の)隔たりがあります。そこをきちんと考えなくてはいけませんでした。“楽観的でポジティブなキャラクターが、気難しくて自暴自棄の、島から人を追い出そうとする男になるまでに、一体どんなことがあったんだろう?”って。」

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

写真:ゼータ イメージ

『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が描いたルーク像は、実は『フォースの覚醒』を手がけたJ・J・エイブラムス監督が構想したものとはやや異なる。マークによれば、『フォースの覚醒』のラストでルークはフォースの力をレイや観客に示すはずだったそうだ。ところがライアン監督は、そうではないアプローチでルークという人物の変遷を描いた。

現在マークは、40年という時間をかけて描かれたルークの物語や彼の変化について「悲劇的」だと話している。そして、自身や社会の変化についてこう述べたのだ。

「僕はメソッド・アクター(編注:役柄の人格や心理を掘り下げ、その人物になりきって演じるスタイルの俳優)ではありませんが、(『最後のジェダイ』では)メソッド・アクターの技術に挑戦することができました。実際の人生経験を、フィクションのシナリオになんでも関連づけていくんです。
脚本を読んで考えたことは、僕はビートルズ世代なんだということでした。“All You Need Is Love(愛がすべて)”、“peace and love(平和と愛)”。ティーンエイジャーの頃、僕は“自分たちが力を合わせれば、戦争はなくなる、人種差別はなくなる、マリファナは合法になる”と思っていたんです。」

 

戦争はなくなる、人種差別はなくなる。マリファナは合法になる…はさておき、そうしたポジティブさは、直接的ではなくとも、マークが演じた“オリジナル3部作の”ルークに表れていたものだ。しかし約40年後に『最後のジェダイ』で描かれたのは、それどころか「戦争を裏側から引っ張るビジネスがある」「貧しい人々が一方的に搾取され、虐げられている」というハードな側面だった。そんな中、ルークは孤島から外に出ることを拒むのである。

「僕が当てられたのは、3つのうち1つだけでしたね。(僕たちの世代は)失敗したんだと思います。明らかに、世界は当時よりも悪くなってしまった。」

1977年には前向きで快活だったヒーローが、2017年には心を閉ざして屈折した老人になってしまった。こうしたルークの物語について、マークは背景にある時代の変化を視野に収めたうえで「悲劇的」だと語っているのである。そもそもポップカルチャー/大衆文化とは、“時代の無意識”ともいうべきものを巧みに取り込む(あるいは、知らず知らずのうちに取り込んでしまう)ものだ。もっとも、そんな中でもルークの物語が――確かに悲劇的だったかもしれないが――希望の炎を灯していたことを忘れてはならないだろう。

ちなみにマークは『最後のジェダイ』の制作中、そして劇場公開前後にいたるまで、ルークの描き方に複雑な思いを隠しておらず、一時は「これは僕のルークではない」とまで述べていた。ところが、のちにマークは「僕が間違っていた」として一連の発言を謝罪。「ライアン・ジョンソンは不変の傑作を作ってくれた」との賛辞を送っている

Source: IGN
©Twentieth Century-Fox Film Corporation Photographer: John Jay 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。