『ハン・ソロ』スピンオフ映画、笑って泣ける「スターウォーズ史上最高の脚本」と太鼓判

ハン・ソロは、SF映画そのものを象徴するかのようなアイコニックなキャラクターである。そんなハン・ソロのスピンオフ映画が制作されるとなれば、何がどうなったとしても一定数の否定的意見は免れない。
制作元のルーカス・フィルムは、『ハン・ソロ』スピンオフのイメージ向上に勤めているようだ。

エピソード5、エピソード6、そしてエピソード7/フォースの覚醒の脚本を制作したローレン・カスダンは、エピソード7の仕事に取り掛かるより前にハン・ソロの脚本を書いていた。スターウォーズのコンセプト・アーティストであるイアン・マクレイグは近頃ニュージーランドで開催されたイベント『ART AND INDUSTRY OF IMAGINATION』に登場し、カスダンが書いたハン・ソロの脚本を読んだ時の感想を以下のように述べている。

これまでのスターウォーズで最高の脚本で、私が読んできた中でも史上最も優れた脚本に入ります。笑えて、泣けて、良い脚本を読んだ時に出る反応が全て出ました。楽しんでもらえると思います。

イアン・マクレイグ氏が今作についてネガティブな発言をするはずがないのは当然であるが、「これまでのスターウォーズで最高の脚本」というのは注目したい言葉だ。

若きハン・ソロはアルデン・エーレンライクが演じる事が決定している。

スターウォーズ スピンオフの若きハン・ソロ役、アルデン・エーレンライクに内定か

Source:http://www.starwarsnewsnet.com/2016/06/iain-mccaig-talks-about-production-on-the-force-awakens-hints-at-star-wars-episode-viii-plot.html
Eyecatch Image:http://www.denofgeek.com/movies/star-wars/38617/star-wars-the-han-solo-episode-iii-cameo-that-never-was

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。