Menu
(0)

Search

『ハン・ソロ』スピンオフ映画、笑って泣ける「スターウォーズ史上最高の脚本」と太鼓判

ハン・ソロは、SF映画そのものを象徴するかのようなアイコニックなキャラクターである。そんなハン・ソロのスピンオフ映画が制作されるとなれば、何がどうなったとしても一定数の否定的意見は免れない。
制作元のルーカス・フィルムは、『ハン・ソロ』スピンオフのイメージ向上に勤めているようだ。

エピソード5、エピソード6、そしてエピソード7/フォースの覚醒の脚本を制作したローレン・カスダンは、エピソード7の仕事に取り掛かるより前にハン・ソロの脚本を書いていた。スターウォーズのコンセプト・アーティストであるイアン・マクレイグは近頃ニュージーランドで開催されたイベント『ART AND INDUSTRY OF IMAGINATION』に登場し、カスダンが書いたハン・ソロの脚本を読んだ時の感想を以下のように述べている。

これまでのスターウォーズで最高の脚本で、私が読んできた中でも史上最も優れた脚本に入ります。笑えて、泣けて、良い脚本を読んだ時に出る反応が全て出ました。楽しんでもらえると思います。

イアン・マクレイグ氏が今作についてネガティブな発言をするはずがないのは当然であるが、「これまでのスターウォーズで最高の脚本」というのは注目したい言葉だ。

若きハン・ソロはアルデン・エーレンライクが演じる事が決定している。

Source:http://www.starwarsnewsnet.com/2016/06/iain-mccaig-talks-about-production-on-the-force-awakens-hints-at-star-wars-episode-viii-plot.html
Eyecatch Image:http://www.denofgeek.com/movies/star-wars/38617/star-wars-the-han-solo-episode-iii-cameo-that-never-was

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly