『ハン・ソロ』降板のフィル・ロード&クリス・ミラー監督、DCコミックスと接触していた!『ザ・フラッシュ』に登板か

本日2017年6月21日(日本時間)、『スター・ウォーズ』のスピンオフ(アナザー・ストーリー)作品第2弾『ハン・ソロ(仮題)』からフィル・ロード&クリス(クリストファー)・ミラー監督が降板したというニュースが飛び込んできた。同作の本撮影はすでに数週間を残すのみだったといわれており、なぜこのタイミングで“creative difference(創作ビジョンの違い)”を理由に降板することとなったのか、謎は深まるばかりである。

『スター・ウォーズ』スピンオフ映画『ハン・ソロ』からフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督が離脱

しかし『ハン・ソロ』から両監督が降板することが判明した直後、ザ・ラップ紙はさらなる続報を伝えている。フィル・ロード&クリス・ミラー監督は『ハン・ソロ』製作の合間にDCコミックスと接触していたというのである。ただし同紙は「関係者より情報を得た」としているため、これが信憑性の確かな情報ではないことをあらかじめご理解いただきたい。

フィル・ロード&クリス・ミラーは、2015年にDCエクステンデッド・ユニバース作品『ザ・フラッシュ(仮題)』の原案を執筆していた。しかし脚本・監督を手がける予定だったセス・グレアム=スミスが降板、後任として起用されたリック・ファミュイワも2016年11月に降板している。2017年5月の時点では新監督の有力候補としてロバート・ゼメキスらの名前が挙がっていたが、いまだ続報はない。ここにきてフィル・ロード&クリス・ミラーがDCと接触していたとすれば、もしかすると監督として『ザ・フラッシュ』に復帰する可能性もありそうだ。

ちなみにザ・ラップ紙は、DCと接触した際に両監督が『ハン・ソロ』からの降板を検討していたかどうかは不明だとしている。しかし場合によっては、すでにその時点で降板が決定していたという見方もできるだろう。あるいは、単純に『ハン・ソロ』終了後の企画の中にDC作品があっただけかもしれない……。

なお映画『ハン・ソロ(仮題)』の製作は予定通り続行されており、2018年5月25日の全米公開予定日は現時点(2017年6月21日)では変更されていない。

Source: http://www.thewrap.com/phil-lord-and-chris-miller-met-with-dc-about-the-flash-during-han-solo-hiatus-exclusive/
Eyecatch Image: https://twitter.com/TheWrap/status/877323511634681856

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。