スター・ウォーズ『ハン・ソロ』に惑星ケッセル登場か ― もしや「あのエピソード」も?

映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品『ハン・ソロ(仮題)』より、新たな撮影現場写真が到着した。本作の監督を務めているロン・ハワードは、このところ自身のSNSにて撮影現場の様子を随時報告してくれている。このたび投稿された写真は……もしかしてシリーズのファンにはおなじみの“あの惑星”ではないか?

惑星ケッセル、そして「スパイス」?

ロン・ハワード監督が投稿した写真に映っているのは、鉱山の地下空間らしき通路と、その奥に見えるのは昇降用のエレベーターシャフトだろうか……。監督は“Spicey?”とだけ言及しているが、こうした情報から予想されるのは、『スター・ウォーズ』に登場するドラッグ「スパイス」、そしてスパイスが豊富に採れるという惑星ケッセルだろう。非常に危険な土地だといわれているケッセルでは、奴隷労働者たちがスパイスの採掘に従事しているという。

ところで惑星ケッセルといえば、かつてチューバッカがそこで奴隷として働いていたとも、ハン・ソロとチューバッカがスパイスを運ぶ仕事をしていたとも語られたことのある場所だ。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)以前のハン・ソロを描く本作にケッセルが登場するなら、ついにそうしたエピソードの一端が描かれるのかもしれない。
そしてハン・ソロとケッセルという組み合わせでシリーズのファンが思い出すのは、彼がミレニアム・ファルコン号について説明する際に述べた「ケッセル・ランを12パーセクで飛んだ」という逸話だろう(もしご存知でない方、思い出せない方はぜひこちらの記事をご一読されたい)。ケッセル・ランとは惑星ケッセルへと続く航路だといわれているが、もしや『ハン・ソロ』ではその真実を大スクリーンで見られるということだろうか?

ハワード監督は『ハン・ソロ』にまつわる諸要素を発信しつづけているものの、依然としてストーリーの全貌はわからない。本当にケッセルは登場するのか、そこでハン・ソロはどんな活躍を見せるのか……すべては劇場で確かめることになりそうだ。

映画『ハン・ソロ(仮題)は2018年5月25日より米国公開予定

Source: http://screenrant.com/han-solo-spice-mines-kessel-run-ron-howard/
© Twentieth Century Fox Film Corporation 写真:ゼータ イメージ

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。