Menu
(0)

Search

『バズ・ライトイヤー』ウッディ役トム・ハンクス、声優交代に「理解できない」と反応

バズ・ライトイヤー
(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー&ピクサー最新作バズ・ライトイヤーは、『トイ・ストーリー』シリーズでお馴染みのスペース・レンジャー、バズ・ライトイヤーを主人公に描く映画。本作では、これまでに『トイ・ストーリー』シリーズでバズ役の声優を務めたティム・アレンではなく、クリス・エヴァンスへ交代となっている。その点について、同シリーズでウッディ役の声を担当してきたトム・ハンクスが反応を示している。

『バズ・ライトイヤー』は、危険な惑星に不時着したスペース・レンジャーのバズが、仲間たちと協力しながら脱出ミッションに挑むというストーリー。バズの他にフランチャイズでお馴染みの宿敵ザーグも登場するが、特に『トイ・ストーリー』に直接つながるような描写はなく、あくまで、スペース・レンジャーのバズが活躍するSF作品としての趣きが強い。

そんな『バズ・ライトイヤー』について、映画『エルヴィス』に出演しているトム・ハンクスが米Cinema Blendのインタビューに登場。「両作が同時期に公開されるのは奇妙な感じですか?」と質問され、「どうだろうね。実はティム・アレンと真っ向から勝負したかったのに、ティム・アレンは出演させてもらえなかった。それが理解できませんね」と答え、どうやら納得がいかない様子。

続けてインタビュアーが、クリス・エヴァンスがバズ役を演じていることに言及すると、「そうそう」「劇場に人々が戻って来る限り、僕は他人と劇場で映画を観て共通の何かを持って帰りたい。それが僕のやりたいことだし、彼(アレン)が出演している映画を観に行きたい。それを楽しみにしているんです」とコメント。ハンクスが言う“共通の何か”とは「過去シリーズのオリジナルキャスト」を意味していると思われ、バズ役の声優交代に懐疑的な姿勢を見せている。

なお、『バズ・ライトイヤー』についてアレン自身は「素晴らしい物語」と評価しながらも、「でも、あのオモチャとは何の関係もないみたいですね。ちょっと……どうだろう。バズに関係ないものだからね。つながりがない。もっとつながりがあれば、良かったんだけども」と感想を述べ、少しばかり複雑な想いを抱いているようだ。

『バズ・ライトイヤー』は公開中。

あわせて読みたい

Source:Cinema Blend

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly