Menu
(0)

Search

ドラマ版「ハンニバル」シーズン4、実現は「誰も諦めていない」 ─ 脚本家が製作の意志を改めて強調

『ドクター・ストレンジ』(2016)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のマッツ・ミケルセン主演、ドラマ「HANNIBAL/ハンニバル」(2013-2015)のシーズン4実現について、ショーランナーを務めていたブライアン・フラー氏が製作の意志を改めて強調した。

トマス・ハリスの小説『レッド・ドラゴン』および『ハンニバル』を原作とした「HANNIBAL/ハンニバル」は、シーズン3の放送をもって米NBCでの製作・放送が終了。レクター博士役を演じたマッツ・ミケルセンの人気も高まる中、ファンの間ではシリーズ再開を求める声がやまない人気シリーズだ。

このたびブライアン氏は、あるファンからの「シーズン4のニュースは何かありませんか?可能性が薄いことは分かっていますが、どんな希望でも幸せになれるので」とのコメントに応じている。

(シーズン4の実現は)誰も諦めていません! 僕はやりたいと思っていますし、キャストたちやマーサ(・デ・ラウレンティス)もやりたがっているんですよ。僕たちに必要なのは、同じくやりたいと思ってくれるネットワークやストリーミングサービス。アイデアに締切や有効期限はないと思います。話に乗ってくれる人が必要なんです。」

既報によれば、ブライアン氏はシーズン3の終了後から「HANNIBAL/ハンニバル」の新たな受け皿を探しているとのこと。以前、マッツも「望みは常にあると思っています」と語っていた。なおフラーは、同じくトマス・ハリスの小説『羊たちの沈黙』に登場するクラリス・スターリング(映画版ではジョディ・フォスターが演じた)をシーズン4に登場させる意向だったともいわれている。版権の事情でクラリスの登場は叶わなかったともいわれているが、いずれ実現する可能性もあるだろうか……。

ともあれブライアン氏のみならず、マッツをはじめとする出演者や、映画『ハンニバル』(2001)『レッド・ドラゴン』(2003)なども手がけたプロデューサーのマーサ・デ・ラウレンティスがシリーズ再開に前向きであることは、まずは心強い知らせといえるだろう。ブライアン氏は「アメリカン・ゴッズ」シーズン1(2017)をはじめ、「HANNIBAL/ハンニバル」以降も活躍中。「アイデアに有効期限はない」との言葉を信じて、なんらかの進展を待ちたい。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly