フランク・ミラー原作、コミック『ハードボイルド』映画化へ!トム・ヒドルストン主演か

フランク・ミラー原作のコミック『ハードボイルド』が、ワーナー・ブラザースにより映画化されることがわかった。『ハイ・ライズ』のベン・ウィートリーが脚本・監督、また当代きってのトップスターとなったトム・ヒドルストンが主演する方向で交渉が進んでいるという。『ハイ・ライズ』コンビの復活となるか?

コミック『ハードボイルド』

コミック『ハードボイルド』は1990年から1992年にかけて刊行された。原作は『バットマン: ダークナイト・リターンズ』や『300』、『シン・シティ』など名作を数多く執筆したフランク・ミラー、アートは映画『マトリックス』シリーズでコンセプチュアル・デザインを務めたジェフ・ダロウが担当している。ストーリーもさることながら、緻密なアートにとりわけ注目が集まったようだ。

http://artblogcity.tumblr.com/post/49993840036/hard-boiled-geof-darrow

http://artblogcity.tumblr.com/post/49993840036/hard-boiled-geof-darrow

このアートからも十分察せるように、『ハードボイルド』は過激なバイオレンス・アクションが見どころのコミックだ。主人公の保険調査員カール・セルツは、実は暗殺者であり収税官吏のサイボーグ・ニクソン。彼は自らがサイボーグであることを悟ると、その定められた運命に抗おうと戦い始める……という、ちょっと何がなんだかわからないストーリーである。

しかしこの『ハードボイルド』、これまでも幾度となく映画化企画が存在しながら、何度もお蔵入りになってきた作品だ。デヴィッド・フィンチャー監督、ニコラス・ケイジ主演の企画は中止となり、原作者のフランク・ミラー自身が映画化を試みるも断念し、 ポール・ウォーカー主演のサスペンス『逃走車』を撮ったムクンダ・マイケル・デュウィルによる企画も動向がわからなくなった。ベン・ウィートリー監督、トム・ヒドルストン主演の『ハイ・ライズ』は、美しさの中にも暴力描写が光る作品である。今度こそ映画化が実現すると良いのだが……。

ちなみにコミックの邦訳版は1994年に発売され、その後絶版となっている。映画化の暁には復刊されることを祈りたい。

【ネタバレ】混沌と退廃とトム・ヒドルストンの肉体美『ハイ・ライズ』レビュー

source: http://deadline.com/2016/11/hard-boiled-tom-hiddleston-ben-wheatley-frank-miller-geoff-darrow-warner-bros-1201858344/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。