Menu
(0)

Search

トム・ハーディ、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』続編に改めて意欲 ― 「ゴーサインが出たらすぐ始める」

マッドマックス 怒りのデス・ロード
Photo by DAVID HOLT https://www.flickr.com/photos/zongo/17584997916

トム・ハーディという俳優にとって、あるいは映画史にとって、ジョージ・ミラー監督作品『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)は非常に重要な作品だ。アメリカのみならずここ日本でも空前の話題を呼んだ本作は、老若男女幅広い層に愛されたアクション映画だった。この作品で、トムは主人公マックス役を演じていたのである。

世界で絶賛を受けた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を受けて、ジョージ監督は続編の計画を練っていたとされる。しかし後述する理由によってであろうか、2018年7月現在、残念ながらその続報は聞こえてこないままだ。
そんな中、ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」の会場にて、米Varietyはトムに対して『マッドマックス』次回作の件を直撃している。するとトムは、改めて続編への意欲を示したのだった。

「観客は『マッドマックス』の続編を期待していい」。こう記されたVarietyの投稿には、わずか数十秒ながらトムの力強い言葉が記録されている。

「(『マッドマックス』は)ずっと3作品やる計画だったんです。なので、その機会がやってきて、次の映画にゴーサインが出るのを今も待っているところ。でも僕が関わっていた時は、(次回作には)要素が多すぎたんですよね。」

この口ぶりからは、トムが現在『マッドマックス』に関するプロジェクトからは離れていることがうかがえる。どうやら、シリーズの主導権はシリーズの配給を担当するワーナー・ブラザースにあるようだ。

「ワーナー・ブラザースに(権利が)属していますから、ゴーサインを出すのは彼らでしょうね。たくさんの企画があるので、現実に動き出すのをみんなが待ってるんです。そうなったらすぐに始めますよ。」

ジョージ監督が構想を練り、主演を務めるトムのモチベーションも高いというのに、なぜ『マッドマックス』シリーズの続編が作られそうにないのか。

それは2017年11月、ジョージ監督とワーナーが『怒りのデス・ロード』の製作費をめぐって対立したことに起因するとみられている。2018年4月に伝えられた情報によれば、監督側はワーナーへの信頼を失っており「今後いかなる作品も共同製作することができなくなった」とまで主張しているという。とはいえジョージ監督は、あくまで続編は「未来のこと」であり、今はわからないというスタンスを貫いてもいる。クリエイターもファンも望んでいる続編が大人の事情で作られない、それほど残念な話もないはずだが……。

Source: Variety
Eyecatch Image: Photo by DAVID HOLT

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly