Menu
(0)

Search

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』マーゴット・ロビー&監督、ポイズン・アイビーとの将来的共演に興味 ─ ハーレイとは「時に親友同士、時に恋人同士」

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey
(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BIRDS OF PREY and all related characters and indicia c&TM DC Comics.

DCコミックスの実写映画ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』でハーレイ・クイン役を演じた女優マーゴット・ロビーと監督を務めたキャシー・ヤンが、ハーレイとポイズン・アイビーの将来的な共演に興味を示している。

ポイズン・アイビーとは、原作コミックスに登場する、美しくも危険な環境テロリストとして、バットマンに立ちはだかるスーパーヴィランだ。植物やフェロモンで人々を魅惑して操っていく。では、そんなアイビーを含めた悪党たちの中で、ハーレイが次にチームを組むとしたら誰か? 米/Filmの取材にて、マーゴットは以下のように回答した。

「大好きなDCキャラクターはたくさんいるので、彼らとハーレイが共闘するところは見てみたいですね。特にポイズン・アイビーは、今までずっと推してきたんですよ。コミックではハーレイと親友同士であり、時に恋人同士としても描かれているんです。とにかく二人の関係性が大好きなので、そんな一面も探求してみたいですね。」

また米The Wrapのインタビューでは、ヤン監督も「ハーレイとアイビーの関係性には興味があります」と語っている。これまでアイビーは、映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)やドラマ「GOTHAM/ゴッサム」(2015-2019)で、妖艶な強敵として実写作品に登場済み。映画ではユマ・サーマンが、ドラマではペイトン・リストが演じてきた。もしも『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の続編が実現し、そしてアイビーが再び実写に登場する場合、いったい誰が演じることになるのか……。想像を広げてみるのもきっと楽しいだろう。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は、DCコミックスでお馴染みの悪役キャラクター総出演で贈る『スーサイド・スクワッド』(2016)に登場したマーゴット・ロビー演じる、ハーレイを主人公に捉えた痛快アクション映画。最愛のジョーカーと別れ、束縛から放たれ覚醒したハーレイが、クセ者だらけの最凶チームを結成して、裏世界を支配するブラックマスクと戦うことになる。

あわせて読みたい

Source: /Film, The Wrap

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly