Menu
(0)

Search

『スーサイド・スクワッド』ハーレイ・クインのスピンオフ映画が始動!マーゴット・ロビーが製作総指揮に就任

大ヒット中の映画スーサイド・スクワッド』から、ハーレイ・クインのスピンオフ映画がついに始動するようだ。『スーサイド・スクワッド』を配給したワーナー・ブラザース社と、マーゴット・ロビーの製作会社ラッキーチャップ・エンターテイメントが契約を結んだという。

ハーレイ・クインのスピンオフ作品が製作されるという噂は以前から流れていたが、ついに映画が実現に向けて大きく前進した状況だ。

マーゴット・ロビー、主演&製作総指揮を兼任へ

ハリウッド・レポーター誌は、ワーナー・ブラザース社とラッキーチャップ・エンターテイメントが「ファーストルック契約」を結んだことを独自に報じている。ファーストルック契約とは「映画監督や製作会社の企画を特定の配給会社が優先的に見ることができる契約」(Wikipedia)で、ハリウッドのスタジオがすぐれた企画を適切にピックアップするために不可欠なシステムだ。

同誌によると、マーゴット・ロビーはワーナーと2つのプロジェクトをすでに開始しているという。そのうちのひとつがハーレイ・クインのスピンオフ作品で、ロビーは製作総指揮を務めるようだ。ロビーがハーレイを演じないという可能性は考えづらいため、おそらく主演との兼任になると思われる。これ以上の情報は不明だが、『スーサイド・スクワッド』と同様「DCエクステンデッド・ユニバース」の一作になることは間違いないだろう。

なおロビーとワーナーによるもうひとつのプロジェクトは、実在の空中ブランコ乗りであるリリアン・レイチェルの悲恋を描いた伝記映画『クイーン・オブ・エアー(原題)』。ラッキーチャップ・エンターテイメント社は、スリラー映画『ターミナル(原題)』や疑惑のフィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングの伝記映画『アイ、トーニャ(原題)』、サイコ・スリラー小説『バッド・モンキーズ』の映画化作品を同時に進めており、ロビーはこれらの作品すべてに主演するようだ。

まさに大ブレイク中のロビーが出演する以上、ハーレイ・クインのスピンオフ作品や、おそらく製作されるであろう『スーサイド・スクワッド』の続編がいつになるのかはわからない。ファンは首を長くして待とう!

source: http://www.hollywoodreporter.com/news/margot-robbie-signs-first-look-928813
http://www.hollywoodreporter.com/news/margot-robbie-star-period-love-918820

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly