Menu
(0)

Search

サイモン・ペッグ、監督デビュー作は女性主人公のドラマに ─ 『スター・トレック』新作は2019年に始動か

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ベンジー役俳優 サイモン・ペッグ インタビュー
©THE RIVER

出演最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』も話題の人気俳優サイモン・ペッグは、近く監督業デビューを果たすことが話題になっていた。

第一報は、2018年6月のEmpire誌掲載のインタビュー。『ベイビー・ドライバー』(2017)などで知られるプロデューサーのニラ・パークと共に、ペグの監督デビュー作を2017年ごろより進めていた。2018年の終わり頃から撮影を開始する予定のものとして準備していたという。内容については詳細が伝えられておらず、この時サイモンは「ポルノ映画ですよ」と冗談でかわしていた。

この監督デビュー作について、その後進捗はあっただろうか?THE RIVERは、『フォールアウト』プロモーションのため来日していたサイモン・ペッグ本人に直接聞いた。

「えっと、(着手が)今年になるかが分からないんですよ。準備期間がなさそうで。来年は新しい『スター・トレック』もあると思いますし。
(監督作は)ドラマになりますよ。コメディではないです。女性が主人公です。」

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ベンジー役俳優 サイモン・ペッグ インタビュー
©THE RIVER

当初の予定では、2018年11月頃より撮影開始予定とされていたが、現在では年内の着手が難しい状況になっているという。図らずも『スター・トレック』の名が飛び出したが、この新作はジェームズ・T・カーク(パイン)と父親ジョージ・カーク(クリス・ヘムズワース)をめぐる物語になると伝えられており、監督はドラマ『コラテラル 真実の行方』(2018)や『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』(2015)のS・J・クラークソンが務める(クラークソンはシリーズ初の女性監督となる)。

なおサイモンの監督デビュー作は、先の英Empireでは”映画”として伝えていた。この度THE RIVERに語ったところによると「ドラマになる(It’s a drama.)」とのことだが、いわゆる「TVドラマシリーズ」ではなく、映画ジャンルとしての「ドラマ」を指していると思われる。得意のコメディを封印し、女性キャラクターを主人公に据えたサイモン・ペッグ流ドラマを楽しみに待ちたい。

※記事初出時から、『スター・トレック』次回作に関する説明を修正いたしました。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly