Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』アナキン役ヘイデン・クリステンセン、「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」を観た

ヘイデン・クリステンセン
Gál Tímea https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hayden-cfda2010-0004(1)_(cropped).jpg CC BY-SA 4.0

スター・ウォーズ』の新たなるドラマオビ=ワン・ケノービは、アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダー役のヘイデン・クリステンセンの復帰が最大の見どころの一つ。2005年の『エピソード3/シスの復讐』ぶりのカムバックとなるヘイデンは、再演に向けて「クローン・ウォーズ」や「反乱者たち」を鑑賞したそうだ。英Entertainment Weeklyでこう語っている。

「映画は全作観直しました。それからアニメシリーズの『クローン・ウォーズ』や『反乱者たち』も。」

「面白かったです。キャクターたちに様々なことが起こる。彼らの関係性も、ずっと深掘りされているんです。知っておくと面白い要素もありましたね。」

ヘイデンの言うように、「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」では、アナキン・スカイウォーカーやダース・ベイダーの映画では語られないエピソードがたっぷり描かれる。映画『エピソード2/クローンの攻撃』(2002)と『エピソード3/シスの復讐』の間を描く「クローン・ウォーズ」では、アナキンとオビ=ワンの様々なミッションや、パダワンとして共に絆を深めながらも離別してしまうアソーカ・タノとの物語などがじっくり深掘りされている。一方『エピソード4/新たなる希望』の約5年前という設定の「反乱者たち」ではダース・ベイダーとしての暗躍が描かれており、かつてのパダワンだったアソーカとの戦いなど、ドラマティックな物語も展開される。

ドラマ「オビ=ワン」は『シスの復讐』の10年後。ベイダー役を再演するヘイデンにとって、「クローン・ウォーズ」や「反乱者たち」は観ておくべきシリーズだったろう。しかし、もしも全エピソード・全シーズン完走したのだとしたらアッパレだ。これらのシリーズは1話あたり25分前後ではあるものの、「クローン・ウォーズ」は全7シーズン133話、「反乱者たち」は全4シーズン75話と壮大。全て観ようとすると約90時間と、インペリアル級のボリュームである。

我々ファンも、アナキン ・スカイウォーカーやオビ=ワン・ケノービ、ダース・ベイダーが登場する回だけをピックアップして観ておくのも良いだろう。ドラマ「オビ=ワン」は2022年5月27日。今から時間をかけて、予習をやってみてはいかが。いや、“やってみる”ではなく、“やる”のじゃ!

あわせて読みたい

Source:Entertainment Weekly

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly