Menu
(0)

Search

ヘイデン・クリステンセンがダース・ベイダー再演、「オビ=ワン・ケノービ」ドラマに登場決定

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
Hayden Christensen plays troubled young Jedi Anakin Skywalker in Star Wars: Episode III Revenge of the Sith. PHOTO: SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 2005 K43179 写真:ゼータイメージ

「マンダロリアン」に続くDisney+(ディズニープラス)のスター・ウォーズ』実写ドラマシリーズオビ=ワン・ケノービの単独ドラマに、ヘイデン・クリステンセンダース・ベイダー役で出演することが分かった。米ディズニーの投資家向けイベント「Disney Investor Day 2020」で発表された。

合わせて、ドラマの原題が『OBI-WAN KENOBI』になることも判明。タイトルロゴも公開されている。

発表によると、『OBI-WAN KENOBI』の舞台は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)の劇的な出来事から10年後。ちなみに『エピソード4/新たなる希望』(1977)は帝国軍樹立から19年後なので、エピソード3と4のちょうど中間あたりを描くことになるだろう。(以前までは、『シスの復讐』から8年後と伝えられていた。)

ヘイデン・クリステンセンは、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)と『エピソード3/シスの復讐』で、後にダース・ベイダーと化すアナキン・スカイウォーカーを演じた。ヘイデンの『スター・ウォーズ』 作品出演は『シスの復讐』以来初めてで、これは声のみのカメオ登場を除けば、映画の続3部作(『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』『スカイウォーカーの夜明け』)でも実現していなかったことだ。

既報によると、脚本は『キング・アーサー』(2017)のジョビー・ハロルドが、監督は「マンダロリアン」(2019-)の演出で高い評価を受けた女性監督デボラ・チョウ。1シーズンかぎりのリミテッドシリーズになるとされる。撮影は2021年春の開始を予定している。

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly