【おかえり】ヘイデン・クリステンセン『スターウォーズ・セレブレーション オーランド2017』でSWイベントに15年ぶりの復帰

来たる2017年4月13日(木)から4日間、アメリカ・フロリダ州オーランドで開催される公式ファンイベントスターウォーズ・セレブレーション オーランド2017」。第一作『スターウォーズ』(1977)の公開より40周年のアニバーサリーを迎える今回は、例年以上の盛り上がりが期待されており、長らく語り継がれるイベントになるだろうといわれています。毎年のことですが、日本のファンは羨ましさに血涙を流し、いつか行きたいと心底夢見る、そんなイベントの筆頭であります。

オープニングデイの4月13日には、「スターウォーズの40年」という特別パネルイベントが開催され、クリエイターや出演者ら豪華ゲストが登壇する予定です。既に発表されているゲストは、キャスリーン・ケネディ(ルーカス・フィルム社長)、デイヴ・フィローニ(『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ 反乱者たち』製作総指揮)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー役)、イアン・マクダーミド(パルパティーン皇帝役)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO役)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ役)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン役)らでしたが、ここにきて、更なるビッグネームの登場が発表されました。

http://www.cinemablend.com/new/Why-Hayden-Christensen-Mostly-Quit-Acting-Star-Wars-102847.html

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved  http://www.cinemablend.com/new/Why-Hayden-Christensen-Mostly-Quit-Acting-Star-Wars-102847.html

そのビッグネームとは、アナキン・スカイウォーカーことヘイデン・クリステンセン。『エピソード2/クローンの攻撃』『エピソード3/シスの復讐』の2作で、闇に堕ちていくヒーローを演じ、プリクエルを牽引したヘイデンですが、近年は子育てが忙しいのかあまり公の場に姿を見せていませんでした。「スターウォーズ・セレブレーション」への参加も、2002年以降なんと15年ぶりになります。なおヘイデンは、サイン会への参加も予定されています。

http://www.cosmicbooknews.com/content/star-wars-episode-viii-rumors-star-wars-day

http://www.cosmicbooknews.com/content/star-wars-episode-viii-rumors-star-wars-day

今回の発表を受けて、アメリカのSWファンの間ではにわかに「アナキン・スカイウォーカーの幽霊、エピソード8『最後のジェダイ』に帰ってくる説」が浮上。2015年に開催された同イベントで、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードら「エピソード7復帰組」が一堂に会したこともあるため、その流れを受けてのことかもしれません。

そういえば『フォースの覚醒』のアートブックに、アナキンぽく描かれたイメージが載ったりしてましたね。もしかしたらだけど……もしかするのか? ルーカスフィルムはこの他にも、このイベントで「銀河級のサプライズ」を発表することを匂わせています。おそらくこのタイミングで公開されるであろう『最後のジェダイ』予告編第一弾と共に、遠い日本からではありますが、固唾を飲んで見守りたいと思います。

ヘイデン・クリステンセン、アナキン役の再演を熱望「オファーあればすぐに出たい」

Sources: http://comicbook.com/starwars/2017/03/31/star-wars-celebration-2017-hayden-christensen-returns-first-appe/
http://www.cosmicbooknews.com/content/star-wars-episode-viii-rumors-star-wars-day
Eyecatch Image: http://abcnews.go.com/Entertainment/hayden-christensen-mark-hamill-back-star-wars-40th/story?id=46500674
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

1977年生まれ。週刊少年ジャンプ脳のクリーチャー愛好家。玩具コレクター。エンドレスダイエッター。「意識低い系」の文章を信条としています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。