Menu
(0)

Search

『ハッピー・デス・デイ』第3作、企画は今も存在 ─ プロデューサーが進捗「とても気にかけている」

ハッピー・デス・デイ
(C)Universal Pictures

話題性のあるホラー作品を多数手掛ける米製作会社ブラムハウス・プロダクションズの人気作『ハッピー・デス・デイ』シリーズに進捗が見られた。同社CEOにしてプロデューサーのジェイソン・ブラムが直近で、第3作製作の可能性についてクリストファー・ランドン監督と話し合ったことを明かしている。

『ハッピー・デス・デイ』シリーズは、主人公の大学生が自分が殺されてしまう日のループから抜け出せなくなるホラーを描き、そのユニークなコンセプトが大きく話題となった。2017年に第1作、2019年に続編『ハッピー・デス・デイ 2U』が製作された。

続く第3作についてはかねてより、前向きに検討されていることが伝えられていた。2021年6月にはランドン監督が「そのうちニュースがあるかも」とTwitterに綴り、新情報の到着を匂わせていた。しかし、それ以来これといった情報は届いていない。

Screenrantは、2022年6月24日米公開(日本では7月1日)のイーサン・ホーク主演ホラー『ブラック・フォン』のプロモーションで行われたジェイソン・ブラムとのインタビュー時、『ハッピー・デス・デイ』について直撃。タイムリーにも、ブラムからはこのような答えが返ってきたという。

「昨日、誰とランチしたと思います?クリストファー・ランドンですよ。そこで何を話したと思います?『ハッピー・デス・デイ3』についてです。話し合いましたよ。やるとは言っていないですけど、確かに話し合いました。私たちの中でとても気にかけているものでしたから。やるとは言いませんけど、やらないとも言っていませんからね。

クリストファー・ランドンとは、『ハッピー・デス・デイ』シリーズで監督・脚本を手がけてきた人物。具体的な製作時期などは言及されなかったものの、「すごく気にかけている」というからには、ブラムハウスとランドン監督両者にとって企画の優先度は高いものと思われる。

一方、ネックになるのはスケジュールだろう。ランドン監督は、待機作を多数抱えており、2022年6月上旬にもホラーコメディ『アラクノフォビア』(1990)のリメイク版の脚本・監督に就任したことが報じられたばかり。『ハッピー・デス・デイ3』の製作は早くとも同企画の次になりそうだ。

Source: Screenrant

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly