Menu
(0)

Search

インドネシア発の強烈アクション『ザ・レイド』シリーズのイコ・ウワイス主演最新作『ヘッドショット』予告編が公開

2011年に現れた強烈アクション作品、ザ・レイド

2011年に映画界を震撼させた強烈作を覚えているだろうか? その名はザ・レイド(The Raid Redemption )。
強烈なアクションで見るものを圧倒させた高層ビルでの戦いは、誰もが手に汗を握りながら鑑賞していたものだろうと思う。ザ・レイドは2014年に続編も作られ、(The Raid 2 Berandal  日本版題名、ザ・レイド GOKUDO)その強烈な作品に参加したいという心で、日本からは遠藤憲一、北村一輝、松田龍平といった面子が協力し、前作よりも激しい戦いが繰り広げられた。

ザ・レイド Blu-ray

ザ・レイド GOKUDO(字幕版)

主人公を演じたイコ・ウワイスの凄さ!

the-raid-2-iko-uwais-cecep-arif-rahman 

多くの映画界で賞賛を浴びたこのザ・レイドシリーズの凄みといえば、何と言ってもあの独特のアクションにある。 そのアクションを具現化したのが主人公を演じたイコ ウワイスというインドネシア映画界の俳優だ。 彼はインドネシアの武術、プンチャック シラットの達人でもある。そのため、ザ・レイドシリーズのアクションは凄まじきリアルさで見るものを圧倒したのだ。

イコ・ウワイスの新作『ヘッドショット』

そんな彼の新たな新作映画が今回、予告編を公開した。映画名は『ヘッドショット』。
映画のあらすじはと言うと、記憶をなくした男が病院で目を覚まし、次第に自分が何者であるかを探るうちに、高度な訓練を受けた殺人マシーンであったことがわかるが、病院で自分を見てくれた看護婦があるグループにさらわれたことで、彼の中にある何かが弾け、再び戦いに投じていくというストーリー。

ザ・レイドの興奮を再び!

headshot-film-iko-uwais

あらすじだけを読むと、韓国映画の『アジョシ(2010年)』も似た展開であるなと思うが、ここは何しろ主演がイコ・ウワイスであり、正真正銘の武術家である彼から繰り出されるアクションは、非常に見る価値があると言えるだろう。 ザ・レイドの興奮をもう一度見てみたいという方には、ぜひこの映画、『ヘッドショット』をお勧めしたい。 日本公開は未定だが、9月8日から行われるカナダの映画祭、トロント映画祭にて初お披露目される予定だ。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly