Menu
(0)

Search

リブート版『ヘルボーイ』は「もっと暴力的、もっと血みどろ」に ― 監督がコミックへの回帰を語る

https://twitter.com/empiremagazine/status/1067042034404478977 スクリーンショット

マイク・ミニョーラによる同名人気コミックを再映画化するリブート版『ヘルボーイ(邦題未定、原題:Hellboy)』は、ギレルモ・デル・トロ版以上に暴力的かつ“血みどろ”の一作になるという。

Empireにて本作の新たな劇中写真が公開されたほか、ニール・マーシャル監督のコメントが掲載されている。

コミック「ヘルボーイ」は、ギレルモ・デル・トロ監督&ロン・パールマン主演による映画版2作品がカルト的人気を誇っていた。今回のリブート版はキャスト&スタッフを一新した“R指定版”とされており、内容の残虐性が強調されることになりそうだ。マーシャル監督は製作を振り返って、このように述べている。

「(製作中は)常に“疑ったら原作に戻れ”でした。コミックには非常に悪趣味な要素もあるんですよ。もっと暴力的に、もっと血みどろに。自分たちに手枷をせずに作っていましたね。」

主演を務める「ストレンジャー・シングス」(2016-)のデヴィッド・ハーバーは、以前本作のコンセプトについて「ダークで、怖くて、世界の終わりを思わせるようなリアルなモンスター映画」だと語っていた。ヘルボーイがスクリーンの中で暴れ回る様子を、きっと容赦のない描写とともに堪能できる一本となっているのだろう。

リブート版『ヘルボーイ』で監督を務めるのは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)や「ハンニバル」(2013-)などのニール・マーシャル。コミック原作者のマイク・ミニョーラが脚本を執筆した。
デヴィッド・ハーバー演じる主人公ヘルボーイと対峙するヴィラン、血の女王ニムエ役を『バイオハザード』シリーズなどのミラ・ジョヴォヴィッチが演じるほか、『ジョン・ウィック』シリーズのイアン・マクシェーン、ダニエル・デイ・キムらが出演する。

リブート版映画『ヘルボーイ(邦題未定、原題:Hellboy)』は2019年4月12日に米国公開予定

Source: Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly