Menu
(0)

Search

俳優でゲーマーのヘンリー・カヴィル、『レッド・デッド・リデンプション2』をプレイ中 ─「映画化されたら面白いと思う」

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー
©THE RIVER

『ジャスティス・リーグ』(2017)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)などで知られる人気俳優、ヘンリー・カヴィルゲーミングPCを自ら組み立てるなど、かねてよりゲーマーとして知られている俳優は現在、『レッド・デッド・リデンプション2』をプレイしているところなのだという。

ゲーマーのヘンリー・カヴィルといえば、Netflixシリーズ「ウィッチャー」(2019-)にてメインキャラクターのゲラルド役を演じており、シーズン2が配信されたばかりだ。「ウィッチャー」はアンドレイ・サプコフスキーによるファンタジー小説が原作で、ドラマだけでなくゲームシリーズまで存在する。ちなみにカヴィルは同作への出演が決定する以前から、ゲームシリーズのファンだったのだという。

そんなゲーマーのカヴィルには、ゲームで映画化を望む作品が存在するようだ。GameReactorのインタビューにてカヴィルは、「少し遅いのはわかっているのですが『レッド・デッド・リデンプション2』をプレイしはじめました。これがすごく楽しくて」としながら、「だからこういう作品が映画化されたら面白いのではないかと思います」と話している。

『レッド・デッド・リデンプション2』は、米国の西部開拓時代末期を舞台に繰り広げられるオープンワールド・アクションゲーム。2018年に発売された本作は、ゲーム賞を軒並み受賞したほか、世界中の評論家から絶賛された傑作である。この西部劇の映画化が実現した際には、カヴィル本人にも出演してもらいたいところだ。

ちなみに、『レッド・デッド・リデンプション』シリーズは、2020年に旋風を巻き起こした時代劇オープワールド・アクションゲーム、『Ghost of Tsushima』にも多大な影響を与えた作品である

あわせて読みたい

Source: GameReactor

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly