Menu
(0)

Search

「マーベル ヒットモンキー」に尾崎英二郎が出演、舞台である日本の「再現度が驚くほど見事」

マーベル・テレビジョン製作の新アニメマーベル ヒットモンキー(原題:MARVEL’S HIT MONKEY)」が2021年11月17日より米Huluで配信されている。日本を舞台としたこの作品に、日本人俳優の尾崎英二郎が出演していることがわかった。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」への出演歴も持つ尾崎にとって、二度目のマーベル作品となる。本人よりコメントも到着した。

史上最強の殺し屋「ヒットモンキー」は、知る人ぞ知るマーベルの異色のダーク・コメディの1つ。原作コミックの中では、デッドプールやスパイダーマンたちともバトルを繰り広げるキャラクターで、ジェームズ・ガンが『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』よりも前に実写映画化に興味を抱いていたことでも知られているカルト的な存在だ。コミックのほかゲームなどでも人気を博し、デッドプールとのコンビでフィギュア商品化もされている。

この度のアニメ版では、殺し屋のニホンザルのオリジン・ストーリーを土台に、映画監督のジョシュ・ゴードンとウィル・スペックが脚色し、アダルト向けの壮絶なバイオレンスと切れ味鋭いジョークの応酬を絶妙なバランスで編み込んだ作品に仕上がっている。ゴードンとスペックは2010年の原作出版の際に「ヒットモンキー」に注目し、マーベル・テレビジョンとマーベル・スタジオの双方に作品化の構想を提案し続け、ついにアニメ版の実現に至った。

一族を皆殺しにされたニホンザル(フレッド・タタショア)が、アメリカ人ヒットマンであるブライス(ジェイソン・サダイキス)の亡霊と奇妙な縁で出会い、暗殺術の教えを受ける。やがて凄腕の殺し屋として成長した”ヒットモンキー”は、仇を討つ復讐の旅に出る……という物語。日本の闇社会を舞台に銃と刀を携え、黒のスーツを身にまとったモンキーが暴れまわる。レイディ・ブルズアイやシルバーサムライなど、マーベルコミック原作の人気ヴィランたちも登場する。

出演までの道のり

尾崎は本作に向けて、複数の役柄でオーディションを受けたという。1次選考では自身で収録した音声テープを提出。ここから2役で選考に残り、監督2人とキャスティング・ディレクターが立ち会う最終審査に臨んだ。

オーディションは、有名無名を問わず、数多くのアジア系アメリカ人や日本人俳優らが受け、尾崎はシーズンの序盤に登場する2役、両方での抜擢となった。

ひとつは、アニメ版オリジナル・キャラクターの「若手刑事のヒロシ」役(第1話)、もうひとつは、原作コミックにも登場する悪役「カトウ将軍」役(第2話、第3話)で、30歳と50代の幅の声を演じ分けている。さらに収録期間中に行われた追加オーディションにより、いくつかの異なる端役の声も合わせて担当している。

声の収録は、ディズニーアニメのように先にセリフを録音し、演じた声に合わせてアニメを作画していくプレスコ方式。俳優たちの自由な演技と、監督からの細やかな演出が、完成したアニメの隅々に投影されている。

尾崎英二郎 コメント

「今回の作品は、日本国内ですべてのドラマが展開します。
ハリウッドの多様化の波の後押しもあり、主要キャストは主演のジェイソン・サダイキスとフレッド・タタショア以外は、ほぼアジア系の男優と女優が演じています。
米国発のドラマですから、英語ネイティヴの俳優たちとのバランスが果たしてとれるか?という壁が常にあり、”声” だけの表現の勝負で、そこに日本人俳優として初回エピソードから食い込むことができた意義は大きいと思っています。第2話のように、マーベルの世界の中の”ヴィラン”を演じることも目標の1つでした。

『マーベル・テレビジョン』が、マーベル・スタジオに統合された後、守秘義務の厳しさもあって制作体制の行方をキャストの僕らも知ることができない時期が続きました。作品が完成まで漕ぎ着けられるのか、非常にやきもきしましたが、新体制下でも十分なサポートを受けながら制作は進んだそうです。

実写ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2014)、そして今回のアニメ、2つのシリーズに出演が叶ったことも誇りですし、今回はアニメーションならではの創造性と、舞台である日本の風景や文化の美の再現度が驚くほど見事で、日本の視聴者の皆さんにも喜んでいただけると確信しています。

複数の役柄の声の演技も、多くの方に楽しんでいただけたら嬉しいです。ここからも良い作品に関わっていけるよう、頑張っていきます。」

主演に、本年度のエミー賞コメディ部門を総ナメにし、自身も主演男優賞に輝いた『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』のジェイソン・サダイキス、
共演には「HEROES/ヒーローズ」「スター・トレック」『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のジョージ・タケイ、や『X-MEN:アポカリプス』でサイロックを演じたオリヴィア・マン、同じくマーベルの「クローク&ダガー」のアリー・マキなど、米国のアジア系男優・女優たちが参加。タイトルロールのヒットモンキーには、『インクレディブル・ハルク』でハルクの声を演じ、数多くのアニメ作品で活躍しているフレッド・タタショアが息を吹き込んでいる。2021年の前半に米国で配信された「MARVEL’S M.O.D.O.K.」(パットン・オズワルト、ジョン・ハム、ネイサン・フィリオンらが声で出演)とは姉妹的な作品だという。

尾崎は本作の日本描写について、「“なんちゃって日本” 的なものが多かった実写作品などに優に勝る出来栄え」と絶賛。「画期的な、新時代への1本かもしれません」と自信を見せている。

「マーベル ヒットモンキー(MARVEL’S HIT MONKEY)」シーズン1は2021年11月17日より米Huluで配信中。全10話構成。日本での配信にも期待したい。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly