Menu
(0)

Search

スパイダーマン役トム・ホランド&キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンス、非マーベル映画で初共演か ― 信仰と暴力描く新作映画で

[左]©THE RIVER [右]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14615990538/ Remixed by THE RIVER

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)など、マーベル・シネマティック・ユニバース作品でスパイダーマン役を演じているトム・ホランド、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが非マーベル映画にて初めて共演する可能性が浮上した。米Deadlineは、二人が新作映画『The Devil All the Time(原題)』への出演交渉に入ったと報じている。

トム・ホランド クリス・エヴァンス
[左]©THE RIVER [右]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14615990538/ Remixed by THE RIVER

『The Devil All the Time』は、2011年に発表されたドナルド・レイ・ポロックの同名小説を映画化する作品だ。物語の舞台となるのは、ノッケンスティフ(Knockemstiff)と呼ばれる、人々から忘れられたオハイオの未開拓地。ガンに侵された妻のために祈る主人公ウィラード・ラッセルや、その夫婦の息子にして学校でいじめられて育ち、行動の時を待つ青年アーヴィン、連続殺人鬼のカップル、信仰心を試す牧師、腐敗した地元の保安官らが登場して「信仰と暴力、救済の嵐が吹き荒れる」という。

出演交渉が無事に結ばれた場合、ホランドはいじめられて育った青年アーヴィン役、エヴァンスは地元の保安官役を演じる見込み。
また報道によれば、本作にはホランド&エヴァンスのほか、『トワイライト』シリーズや『グッド・タイム』(2017)のロバート・パティンソン、『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズや『クリムゾン・ピーク』(2015)のミア・ワシコウスカ、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)や『レディ・バード』(2017)に出演し、劇作家としても活躍するトレイシー・レッツが出演交渉に入っているとのこと。贅沢な布陣によるダークな新作映画が誕生することになりそうだ。

本作の脚本・監督は、ドラマ「Marvel パニッシャー」(2017-)でエピソード監督を担当し、「The Sinner -記憶を埋める女-」(2017)を手がけたアントニオ・カンポスが務める。プロデューサーは『キャロル』(2015)や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)など数多くの映画で音楽監修を担ってきたランドール・ポスター。俳優ジェイク・ギレンホールが設立した製作会社Ninestories Productionも携わっている。

映画『The Devil All the Time(原題)』は2019年2月に撮影開始予定

Source: Deadline
Eyecatch Image: [左]©THE RIVER [右]Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly