セバスチャン・スタン主演、ベトナム戦争の空軍医追う実話映画が2019年米国公開へ ― サミュエル・L・ジャクソンら豪華俳優共演

映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)などで知られる俳優セバスチャン・スタンが主演する実話映画『The Last Full Measure(原題)』が2019年に米国公開されることがわかった。米VarietyDeadlineほか複数のメディアが報じている。

『The Last Full Measure』は、ベトナム戦争に従軍し、戦場で60人以上の兵士を救った空軍医ウィリアム・ピットセンバーガーに名誉勲章を与えるべく、かつての同士や国防総省の調査員らが奔走する物語。脚本・監督は『ファントム/開戦前夜』(2013)やドキュメンタリー作品などを手がけてきたトッド・ロビンソンが務めている。
このたび、米国の映画配給会社Roadside Attractionsが本作の米国配給権を取得。米国公開は2019年前半を予定しているという。

セバスチャン・スタン

Photo by NASA/Bill Ingalls https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Martian%27_World_Premiere_(NHQ201509110007).jpg Remixed by THE RIVER


本作で特筆すべきは、作品に厚みを与えてくれるにちがいない、豪華ベテラン俳優陣の競演だ。空軍医ウィリアムの父親フランク役に『ゲティ家の身代金』(2017)のクリストファー・プラマー、ウィリアムの元同士役には『インクレディブル・ハルク』(2008)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)などでロス長官役を演じるウィリアム・ハート、同じくマーベル・シネマティック・ユニバース作品でニック・フューリー役を演じるサミュエル・L・ジャクソン、そしてドラマ「ウエストワールド」(2016-)のエド・ハリスという顔ぶれが揃った。
なお空軍医ウィリアム役は『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』(2018)のジェレミー・アーヴァインが演じるほか、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのアリソン・スドル、『ゲット・アウト』(2017)のブラッドリー・ウィットフォードらも出演する。

こうした豪華アンサンブルの中でセバスチャンが演じる主人公は、空軍医ウィリアムへの名誉勲章授与の鍵を握る、国防総省の調査員スコット・ハフマン役だ。ギリシャを舞台とする主演恋愛映画『Monday(原題)』、ニコール・キッドマン主演『Destroyer(原題)』、『We Have Always Lived in the Castle(原題)』と数々の作品が控える中、本作では硬派な役柄でどんな表情を見せてくれるのだろうか。戦争を背景とした政治ドラマとあって、新境地の開拓にも期待したい。

映画『The Last Full Measure(原題)』は2019年前半の米国公開予定。日本公開もどうかよろしくお願いします…!

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: Photo by NASA/Bill Ingalls Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。