Menu
(0)

Search

トム・ホランド、『スパイダーマン』よりも『アンチャーテッド』の主演にプレッシャーを感じた理由とは?

アンチャーテッド
907632 - UNCHARTED

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でスパイダーマン/ピーター・パーカーとしてデビューを飾った時、トム・ホランドは僅か19歳だったが、意外やスパイダーマンを演じるよりも、『アンチャーテッド』への主演にプレッシャーを感じたと心境を語っている。

2022年2月18日に日米同時公開される『アンチャーテッド』のため米Screen Rantのインタビューに登場したホランドが、『アンチャーテッド』の主人公ネイサン・ドレイク、スパイダーマン、2017年に出演した口パク歌番組「リップ・シンク・バトル(原題:Lip Sync Battle)」でそれぞれ感じたプレッシャーを比較している。

「正直なところ、『リップ・シンク・バトル』はかなりストレスが溜まりました。当時は誰も僕が誰なのか知らなかったので、“ゼンデイヤと一緒に雨の中で踊っているコイツは誰だ?”とか、“この人誰?”と思われるのではないかと本当に心配しました。

対して、スパイダーマンの準備をしている時は若くてナイーブすぎて、自分が受けているプレッシャーを理解できていなかったと思います。それは凄くいいことですよね。『アンチャーテッド』の撮影は、今では自分が年を重ねて、こういった種類の映画の製作に伴う大衆への露出を理解しているので、この映画を撮影している時の方が遥かに大きなプレッシャーを感じました。

ちなみに、『リップ・シンク・バトル』でホランドは女装姿で登場し、リアーナの曲「Umbrella」に合わせて口パクで歌いながら見事なダンスを披露。そのエピソードでは、ゼンデイヤが司会の一人として参加していた。

以前のインタビューでホランドは『アンチャーテッド』について、「このキャラクターを演じる上で一番難しかったことは、“クールガイ”に成り切ることでした」とコメント。「これまで僕は、友達が少なく、クールでもないアウトサイダーの役を演じてきました。ネイサン・ドレイクというキャラクターはその正反対なので、慣れるまでに時間がかかりましたよ」と語っている。そういった理由も加わり、最新作への主演が大きなプレッシャーになったのではないだろうか。

ホランドの演技へのアプローチにも注目したい『アンチャーテッド』は、2022年2月18日に日本公開。

Source:Screen Rant

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly