映画『スパイダーマン ホームカミング』初の予告編がコミコン会場限定で公開!その内容とは?

きっと多くの人が心待ちにしているであろうマーベル映画『スパイダーマン / ホームカミング』。その初の予告編が公開された…ただし、『サンディエゴ・コミコン』の来場者に向けて限定に上映されたようだ。
この予告編はまだしばらくはネットには公開されないようなのだが、幸運な事に予告編を目撃できた来場者は早くもその内容をネットに紹介している。Comicbook.comが報じている、今回の予告編詳細をお伝えしよう。

今回はネット未公開の『スパイダーマン ホームカミング』予告編の内容詳細について述べているネタバレ記事だ。予告編公開まで事前情報に触れたくないという方は、読み進める事を避けるようオススメしたい。

スパイダーマン ホームカミング バルチャー

映画『スパイダーマン ホームカミング』予告編内容

予告編映像は、トニー・スタークとピーター・パーカーが『シビルウォー』劇中で初対面する場面から始まる。そして、『シビルウォー』の空港での戦闘シーンにおけるスパイディの活躍シーンがハイライト的に映され、『シビルウォー』エンディング後、ピーターが新たなコミュニケーター/ウェブシューターを手にするシーンがフラッシュバック的に流れる。
BGMはBad Reputation。この曲はもともとアメリカのシンガー・ソングライター ジョーン・ジェットが1981年に発表した曲だが、2012年には映画『ワンピース FILM Z』の主題歌としてアヴリル・ラヴィーンがカバーしているので聴き覚えのある方も多いだろう。
舞台は高校へ。画面には“Every Story”(すべての物語に─)とキャッチが入り、トニー、ローディー(ウォーマシン)が高校に現れる。
続いて映るのは“Every journey” “Has a beginning”(すべての旅に 始まりがある)の文字。
ピーターは学校内を歩いていて、そこで『ホームカミング』のロゴがアップ。
場面は科学の授業のシーン。ピーターはジャイアントマンを倒した時の事を回想している。
教師がフラッシュ(トニー・レヴォロリ)に質問を当てるが、フラッシュは間違える。
一方でピーターはノートパソコンでフラッシュの姿を落書きしているのに夢中で、授業の内容を全く気にしていない様子だが、さすがはピーター、質問を当てられるとバッチリ正解。
続いて、ピーターは友達と「リズ、新しいセーター着てる?」とうわさ話をしている。リズとはリズ・アラン、演じるのはディズニー・チャンネルでスターとなったゼンデイヤだ。
科学の授業では、ピーターは隠れてクモ糸の実験をこっそり”内職”している。
女の子たちは、アベンジャーズのメンバーで「結婚するなら誰が良い?」という話題で盛り上がっているが、リズはスパイダーマンがイケてると思っている。なぜ彼女らがスパイダーマン推しでないのかと不満な様子で、その会話を盗み聞きしているピーター・パーカーはニヤニヤ。
一方で、別の女友達はピーターが何かを隠しているのではという事に感づく。スパイダーマンが走ってジャンプするのアクションシーンが挿入され、コスチュームの上からジップパーカーを来て壁を登る。その女友達はスパイディを追っていて、彼女は「冗談、あなたの事なんか気にしていないから」と言う。やがて、この『首突っ込みたがり』の女子とピーターは子供同士のように堅い握手を交わす場面が映され、そこで『スパイダーマン ホームカミング』のロゴだ。

そしてロゴ映像の後もう1ショット、今作のヴィラン(悪役)であるヴァルチャーが降り立つシーンが映るのだが、彼のアーマースーツというのがグリーンをアクセントカラーにした、アイアンマンとファルコンのスーツをミックスしたようなルックスらしいとの事だ。

この予告編がいつネット解禁されるのかはわからない。マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは今作に対し「他のもの全てを隅に追いやってしまう」と大絶賛しているだけに、予告編の一般公開が待ち遠しい。ハイスクール・ムービーとして、ティーンの初々しい日々が描かれるのも非常に楽しみだ。
映画『スパイダーマン ホームカミング』は2017年7月7日公開予定。

『スパイダーマン ホームカミング』ヴァルチャーのコンセプトアート公開!別のヴィランの存在も?

Source:http://comicbook.com/2016/07/24/spider-man-homecoming-trailer-shown-at-comic-con/
E
yeccatchi Image:http://moviepilot.com/posts/3933989

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。