【日本最速レビュー】『スパイダーマン:ホームカミング』ヒーロー映画のフォーマットを逆走する青春傑作

おかえり、スパイダーマン!ようこそマーベル・シネマティック・ユニバースへ!

映画『スパイダーマン:ホームカミング』が、2017年8月11日にいよいよ日本公開となる。
この度、都内で開催された完成披露試写会にて本作をいち早く鑑賞。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)本格参戦後初のスパイダーマン単独映画となる『ホームカミング』の魅力を、ネタバレなしで解説したい。

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

スーパーヒーロー映画序章のフォーマット


これまでに何度も映画化されているスパイダーマンを、再度新シリーズとして放つにあたって、語り尽くされたそのオリジンを改めてどう描くかは重要なポイントになる。今作『スパイダーマン:ホームカミング』におけるピーター・パーカー / スパイダーマンは、スーパーヒーロー映画の序章におけるフォーマットを大胆にも逆走しているのだ。

このフォーマットとは、[1]能力への目覚め、[2]葛藤、[3]受容、そして[4]活躍の4ステップで表すことができる。サム・ライミ版『スパイダーマン』(2002)もマーク・ウェブ版『アメイジング・スパイダーマン』(2012)年も、蜘蛛に噛まれ([1]能力への目覚め)、叔父を失い([2]葛藤)、運命を受け入れ([3]受容)、そして[4]活躍のフェーズでヴィランと格闘するという流れを共通して描いている。
ところが『ホームカミング』のスパイダーマンは、既に『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』(2016)にてコスチューム姿でデビュー済み。ジョン・ワッツ監督が「15歳の少年がスーパーヒーローになる理由を、物語で説明する必要がなかった」と語るように、今作のピーターは、このステップのうちいきなり[4]活躍を求めて奮闘するところからスタートするのだ。

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

『シビル・ウォー』で思いもよらぬ活躍を見せたピーターは、憧れのトニー・スタークに認められたいと、手柄を求めてご近所パトロールに夢中。しかし、そう都合よく事件や犯罪が頻発するわけでもなく、”暇を持て余したヒーロー”スパイダーマンの奮闘は空回り気味。まだトニーに贈られたハイテク・スーツすらも使いこなしきれないピーターは身の丈以上の活躍を求め、結果として危険を招くことに。そう、スパイダーマンにとって絶対不可欠な「大いなる力には、大いなる責任が伴う」ことを学ぶ[3]受容のステップを経ていないからだ。ピーターのメンターであり、父親のような一面も見せるトニー・スタークはそこを指摘し、ピーターからスーツを取り上げる。

15歳の小さな世界と、大人たちの戦い

『スパイダーマン:ホームカミング』は、この”フォーマットの逆走”を、良い意味で狭い世界で描いている点が巧み。しかしながら、ヒーロー作品のクラシックなお作法もなぞっている。それは、「ヒーローであることを周囲に隠し通す」初々しいフェーズだ。

予告編でも明かされているように、ピーターがスパイダーマンであることは親友ネッドにはバレてしまうのだが、2人は、このクールすぎる秘密を同級生にバラしていはいけないと必死。こうした流れは様々なヒーロー作品で何度も見たはずだが、トム・ホランドの弾けるような若さ溢れるフレッシュな演技が既視感を吹き飛ばしている。ホランド演じるピーターは、本当に声変わりしたのかわからないような高い声もあどけなく、とにかくやんちゃ。トビー・マグワイアの地味だけど優しい”のび太くん”的ピーターとも、またアンドリュー・ガーフィールドのシュッとしているけどどこか影があるようなピーターとも似ていない。何も無い所でいきなり走り出して、そして何も無い所で転んでそうな、若さと衝動の塊のような15歳をはつらつと演じている。

高校生ピーターの世界は小さい。大きすぎる存在である世界のアベンジャーズと一度肩を並べたからといって、自分は特別で無敵であるように勘違いしてしまっている。しかし彼は、『シビル・ウォー』空港でのアベンジャーズは、実は本気で殺し合いをしていたわけではないということに気づいていないのだ。キャプテン・アメリカは手加減してくれていただけなのに、「僕はキャプテンと互角に戦ったんだ!」と思い込んでいる。彼は訓練や実戦の経験をほとんど持たないし、思えば衝撃から身を守るアーマーやシールドがあるわけでもない。ヴィランのバルチャーが本気で殺しにかかってきたとき、ピーターは初めて己の無力さや無防備さ、そして大人の怖さを思い知るのである。

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マイケル・キートン演じるエイドリアン・トゥームスは、ヴァルチャーとしてスパイダーマンを仕留めにかかるヴィランだが、彼の周囲ではある種のワーキング・クラス・ヒーローだ。アベンジャーズの戦いで発生した残骸回収事業に携わるトゥームスは、トニー・スタークと政府の合併会社であるダメージ・コントロール局に事業を乗っ取られてしまう。部下想いの頼れる兄貴分であるトゥームス自身も、従業員や家族を守るために必死。バルチャーとして目覚めた後のトゥームスの悪事が法に触れているのは事実だが、それでも彼自身にも主張があり、筋も通っている。だからこそスパイダーマンに対する容赦の無さが恐ろしく成立するのだ。

とある会話シーンでトゥームスは表情と語りだけでピーターを圧倒しきるが、ホランドは「マイケルは僕に本当の恐怖を感じさせ、まったく演技をする必要がなかった」と述懐するほど。目で殺しにかかるマイケルに、素でビビっているホランドにも注目してほしい。

『ホームカミング』はピーター・パーカーの心の旅の物語

『スパイダーマン:ホームカミング』は、MCU作品ならではのお楽しみも満載だ。アイアンマン / トニー・スタークとの共演はもちろん、アベンジャーズをイジるネタも笑える。そして、まさかのMCUを超越したクロスオーバー・ギャグとも捉えられる小ネタにも驚かされる。

また、スパイダーマンが技の名前を口にするという点も楽しい。トニー・スタークお手製のハイテク・スーツにはJ.A.R.V.I.Sのようなパーソナル・アシスタントが搭載されていて、音声認識によるウェブ・シューターの機能切替を行う。だからスパイダーマンは「ウェブ・グレネード!」とか「スプリット!」といった名前を叫びながら様々なクモ糸を放つのだ。思えば、MCU映画でこのように技の名前をコールすることは珍しい。これは、格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM』シリーズで、「ウェブボール!」とか「スパイダースティング!」と叫ぶスパイダーマンを操作していた世代にとってシビれる要素だ。

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は、スパイダーマンがまず活躍を求め、ようやくスーパーヒーローとしての自覚(受容)に目覚めていくという構成で、ピーター・パーカーの成長を描く。マーベル作品はヒーローのマスクの下の素顔の物語を魅力的に描くことを得意とするが、今作は他のマーベル作品と比較しても、素顔の物語を最も色濃く、そしてフレッシュに描き上げている。『スパイダーマン:ホームカミング』は、アベンジャーズの物語でもありスパイダーマンの物語なのだが、何よりもピーター・パーカーの物語なのだ。親友のネッドら個性的な面々に囲まれた学園ドラマとしての側面も眩しい。MCUにまた一つ、新たな傑作が誕生した。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は、2017年8月11日待望の日本公開。

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。