『スパイダーマン:ホームカミング』、大いなる責任が全然伴ってないパロディ予告編動画が登場

2017年8月11日公開予定の『スパイダーマン:ホームカミング』。お馴染みのスパイディが新たにマーベル・シネマティック・ユニバースに迎え入れられ、アイアンマンら大人ヒーローたちに揉まれながらどのように成長していくのか期待が高まる同作、以前公開された予告編動画ではピーター・パーカーの高校生活やトニー・スタークとの絡み、そしてマイケル・キートン演じるヴィラン、ヴァルチャーの姿が明かされ、大変話題となった。

同作の予告編に、早速パロディ動画が登場した。大いなる責任が全く伴っていない無茶苦茶おバカでハチャメチャなパロディに仕上げたのは、映画予告編のパロディを作り続ける”Weird Trailers”シリーズ。トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールド版のピーターの登場や、ヴァルチャーを演じるマイケル・キートンの姿はかつて同一人物によって演じられたバットマン にすり替えられるなど、今回もいちいち芸が細かく、やりたい放題だ。

本家はこちら:

ちなみに”Weird Trailers”シリーズ、『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』ではピコ太郎を登場させるなど、怖いもの知らずのぶっ飛んだセンスを炸裂させている。

【大草原不可避】PPAPも登場!『ローグ・ワン』のパロディ予告編、もはや愛が溢れすぎている

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日公開予定。

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。