『ホース・ソルジャー』クリス・ヘムズワース、過酷な騎馬戦闘に挑む ― 実際の軍人も絶賛の本編映像が公開に

全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年。最高機密として封印されてきた〈9.11直後の最初の戦い〉を描く、映画『ホース・ソルジャー』より、アメリカ陸軍特殊部隊員“グリーンベレー”の騎馬戦闘映像が到着した。

本作はハリウッド随一のヒットメーカーであるジェリー・ブラッカイマーが、デンマークのCM界の鬼才にして、コソボ紛争を追った報道写真家でもあるニコライ・フルシーを監督に抜擢して製作。主演に『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースを迎え、9.11直後に行われた「最初の反撃」であり、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願した12人の勇姿を描いた。


このたび公開された映像は、戦車やミサイルなど最新の武器を持つタリバンに対し、クリス・ヘムズワース扮するネルソン大尉をはじめとした12人のアメリカ陸軍特殊部隊員“グリーンベレー”と、彼らと共闘する地元の反タリバン勢力らが「馬」を駆使、戦場を疾走して攻め込むシーンだ。実際に戦場となった危険な山岳地帯では、移動や戦闘の手段として馬を使うしかない状況だった。本作のモデルとなった兵士たちも馬術はほぼ未経験で、戦闘の中で身につけていったのだという。

本作についてクリス・へムズワースは、「実話だと知って驚きましたよ。あの兵士たちの存在は、あまり知られていませんからね。軍人が騎馬で戦うなんて、まるで第一次世界大戦みたいですよね」と語る。実話に基づくリアリティの追求のため、出演者たちは撮影前に厳しい軍事訓練を決行。未経験者がほとんどの馬術訓練では、40ポンド(約20キロ)の重りを背負って馬上で銃を構えることから始まり、早く走らせる、鋭いターンを決めるなど、過酷なトレーニングが行われたという。その姿には実際の兵士たちも「全員がグリーンベレーの一員に見えた。僕たちを完璧に描いてくれました」と絶賛を送っている。

映画『ホース・ソルジャー』は2018年5月4日(金・祝)より全国ロードショー

『ホース・ソルジャー』公式サイト:http://gaga.ne.jp/horsesoldiers/

© 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。