Menu
(0)

Search

『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズへインタビュー ─ ロドルフォ・グッチは「栄光に生きる男」

『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ
ⓒ 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

巨匠リドリー・スコットが放つ、華麗なるグッチ一族崩壊の闇に包まれた衝撃の実話ハウス・オブ・グッチが、2022年1月14日より日本公開となる。

THE RIVERでは、出演のジェレミー・アイアンズへの貴重な単独インタビューが実現した。アイアンズが今作で演じるのは、グッチ家の四男ロドルフォ。アダム・ドライバーが演じる一人息子マウリツィオを溺愛する父で、グッチ家の「レガシー」を象徴するような、厳かで孤高の老人だ。

ジェレミー・アイアンズといえば、言わずと知れた名俳優であり、『運命の逆転』(1990)など出演作は数知れず。舞台俳優としても優れた功績を納めており、トニー賞・アカデミー賞・エミー賞の三冠に輝いた、数少ない役者の1人でもある。アメコミ作品のファンにとっても、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や「ウォッチメン」(2019)でもお馴染みだろう。

劇中では威厳に満ちた役どころだったが、実際のアイアンズは朗らかで、柔和な笑顔が印象的だった。キャラクターについての思いを語ったインタビューをどうぞ。

『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ
ⓒ 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ 単独インタビュー

──『ハウス・オブ・グッチ』は、あなたにとってコロナ禍以降初めて世界で劇場公開される映画ですね。

そうですね。別の作品もあって、それは来月に公開されるんですけれど(この取材は2021年11月に行われた)。なので、ロックダウン中に2作ということですね。

──あなたが演じたロドルフォ・グッチは、ファッション界のゴッドファーザーのようです。ダークで、葉巻を咥えていて、顔つきはいつも厳しい。マーロン・ブロンドを参考にした部分はありましたか?

いいえ、ありませんでした。本人の写真を参考にしています。彼がどういう人物で、グッチ家の評判がどういうものかもわかっていましたから。彼は映画俳優でもありましたから、本人が出ていた映画も観ました。それから咀嚼しました。そうしたら、リドリーが求めていたものとフィットした。

実際の本人に、できるだけ忠実であるように心がけました。原作の本もずいぶん頼りにしています。彼のことは、保守的で、どちらかと言うと前時代的な、特権階級の世捨て人として演じました。彼は、ドイツ人女優と結婚していた頃は、人生を謳歌した男でした。イタリアの映画界、ファッション界を堪能した男でした。そして今彼に残されたのは、グッチの50%の支配権と、息子マウリツィオだけなのです。

ハウス・オブ・グッチ
ⓒ 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

──初期の報道では、ロバート・デ・ニーロの出演もアナウンスされていましたが、実現には至っていません。もしかしてデ・ニーロは当初、あなたの役を演じる予定だったのですか?

そうだと思います。

──もし演じていたら、『ゴッドファーザー』俳優が2人登場することになりましたね。

ハッハッハ(笑)。その通り。本作には『ゴッドファーザー』に通じる要素がたくさんあります。イタリアの物語ですし、マフィアではないにしても、権力を持ったファミリーの物語ですしね。

『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ
ⓒ 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

──ロドルフォの着る衣装は、彼の威厳を非常によく表していると感じました。スカーフを着用して佇んでいるシーンは、まるで戦場から戻ってきた、疲弊した老兵のように見えました。

彼はエレガントで、グッチと聞いて想像するようなファッションに身を包んでいます。あのスカーフは私もぜひ着用したかったものなんですよ。スカーフ姿のイメージが好きで、少し冷たい老人らしさが表せると思ったからです。役を演じる上で、衣装は非常に重要なものです。今作の場合は、1970年代、1980年代らしさを感じさせてくれました。

あなたは「戦場から戻ってきた、疲弊した老兵のように見えた」と言いましたが、素敵な表現ですね。確かに彼にとって、人生すなわち戦闘でした。それで今は、勝利の栄光の中に生きているのです。そして、もう戦いたくないと思っている。

──劇中でロドルフォは、レディー・ガガが演じるパトリツィアを憎んでいて、ショッキングなほど酷い言い方をする一幕もあります。でも現場では、彼女と良い関係を気付けましたか?

素晴らしかったです。彼女は非常に才能がある。経験豊富というわけではないにせよ、素晴らしい女優であり、そして非常に謙虚な方で、緊張しながらも向上心があり、集中力もある。優れた女優として必要な素質を全て持っていました。

それに、素晴らしいアーティストでもある。(役者とアーティストという)両者の間には、あまり大きな違いはないんです。彼女は曲の見せ方や、自分のパーソナリティの見せ方もわかっているわけですから、自然と、自分のキャラクターの見せ方もわかっていた。つまり彼女は、元よりの女優だったのです。それと同時に、「普通の人」でもあったことが素晴らしい。非常に接しやすい方でした。

──おっしゃいますように、レディー・ガガは素晴らしい歌手でもあります。それから、ジャレッド・レトも元々ロックバンドのボーカルとして有名でした。アダム・ドライバーも、『アネット』で素晴らしい歌唱を披露していると聞きます。そしてあなた自身もギターを弾きますよね。

バイオリンも弾けるし、いろいろな楽器を演奏できますよ。

──演技と、楽器の演奏や歌唱には、共通点もあるとお考えですか?

同じだとは思いませんが、同じ「質」が求められるものだと思います。ミュージシャンであれば、周囲の演奏や音を「聴く」ことが重要です。コミュニケーションを取り、感情を感じ取らなければならない。あなたの言う通りです。ミュージシャンに求められる「質」の多くは、役者にも同様に求められる。

──ところであなたは、かつてバットマンの執事アルフレッドを演じられました。今度、バットマンの新作映画が公開されますが、そちらではロバート・パティンソンが新たにバットマン/ブルース・ウェインを演じます。彼に何かアドバイスはありますか?

いやぁ、彼にアドバイスなんて必要ありませんよ。彼は自ら道を見つけることでしょう。バットマンはまるでハムレットのように、様々な役者が興味深く演じることができる、非常にアイコニックなキャラクターです。新しいアルフレッドをどなたが演じるのか失念してしまいましたが、彼もまた新たなキャラクターを作り上げてくれるでしょう。我々はみんな違うのです。マイケル・ケインに、マイケル・ガフも。

──新しいアルフレッドは、アンディ・サーキスが演じられます。

アンディ・サーキス!ゴラムだ。

──そうです!(笑)お時間になりました。ありがとうございました。

お話しできて嬉しかったです。

『ハウス・オブ・グッチ』ジェレミー・アイアンズ
ⓒ 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ハウス・オブ・グッチ』は全国公開中。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly