Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッターと賢者の石』コロナ禍のさなか興行収入10億ドルを突破していた

ハリー・ポッターと賢者の石
© Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

ハリー・ポッター』シリーズの第1作、『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)が、映画界が新型コロナウイルスの甚大な影響を受けるさなか、全世界興行収入10億ドルの大台を突破していた。

ダニエル・ラドクリフ主演、クリス・コロンバス監督による『ハリー・ポッターと賢者の石』は、コロナ禍において映画館の営業が中止されていた中国において、2020年8月14日に4Kリマスター&3D版で再上映がスタート。16日までの週末3日間で1,360万ドルを稼ぎ出し、世界興収10億126万ドルを記録した。

『ハリー・ポッター』シリーズのうち、10億ドルを突破したのは、完結編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)に続いて本作が史上2作目。なお8月18日時点で、シリーズの累計世界興収は77億4,000万ドルとなっている。

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大によって業界が未曾有の危機を迎える中、ハリウッドの大手スタジオは、大手市場である中国の映画館で話題作の再上映を実施。『ハリー・ポッター』シリーズは中国で人気を高め続けており、『死の秘宝 PART2』は公開当時の2011年、現地のシリーズ最高興収にあたる6,100万ドルを記録していた。

米ワーナー・ブラザースの世界配給を統括するアンドリュー・クリップス氏は、公開から19年越しの、危機的状況における10億ドル突破を受けて、「『ハリー・ポッターと賢者の石』が新たな世代の観客に喜んでいただけていることをうれしく思います。この作品を初めて観る映画ファンの方々が多いことは、この物語の不朽の魅力、普遍性を証明するものです」とコメントした。

すごいぞハリポタ

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly