Menu
(0)

Search

ヒュー・ジャックマン『キャッツ』映画版の出演を断っていた ─ 作品の反応には「バッシングする側にはなりたくないし、便乗したくもない」

『フロントランナー』ヒュー・ジャックマン
©THE RIVER

『レ・ミゼラブル』(2012)『グレイテスト・ショーマン』(2017)などで知られる俳優ヒュー・ジャックマンが、ミュージカルの金字塔をトム・フーパー監督で実写映画化したキャッツ(2019)の出演オファーを断っていたことがわかった。米The Daily Beastにて、本人が明かしている。

「トムとは、『レ・ミゼラブル』で既に仕事をしていたので、彼から僕宛てに直接電話が掛かってきたんです。そこでいくつかのスケジュール候補を提示してもらったのですが、残念ながら僕の予定が合いませんでした。」

映画『キャッツ』は、残念ながら批評的・興行的に成果をあげることができなかった。また、最低のハリウッド映画を決定する「ラジー賞」でも作品賞をはじめ最多6部門を受賞している。そんな状況を受けて、「出演を断ったのは賢明な判断だったと思いますか?」とも問われているが、ヒューは「僕は映画業界に属する者なんですよ。バッシングする側にはなりたくないし、便乗したくもないですね。それに、作品自体もまだ鑑賞できていないんです」と紳士的に応じている。

なおヒューは、今でも深い親交関係にあるというトムを「偉大な映画監督の一人ですよ」と絶賛。本作では残念ながら実現しなかったが、二人の将来的な再タッグにも期待したい。

あわせて読みたい

Source: The Daily Beast

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly