『ワンダーウーマン』監督&クリス・パイン、ブラック・ダリア事件を追う ― ドラマ『I am the Night』予告編が公開される

DC映画『ワンダーウーマン』(2017)でスティーブ・トレバー役を演じたクリス・パインと、同作でメガホンを取ったパティ・ジェンキンス監督が再びタッグを組んだドラマシリーズ『I am the Night(原題)』の予告編が公開された。
本作は『One Day She’ll Darken(原題)』として2017年夏に製作が発表されていたもので、米TNT局での放送開始は2019年1月に予定されている。


『I am the Night』は、1947年に発生した未解決事件「ブラック・ダリア事件」の犯人として疑われた医師ジョージ・ホデルの娘、フォーナ・ホデルの自伝を原案とするストーリー。若くして自らを生んだ母親に捨てられ、ネバダ州のカジノで働く黒人メイドに育てられたフォーナは、その出生の秘密を探っていくうちに、女優志望のエリザベス・ショートを殺害した(ブラック・ダリア事件)として疑われた医師ジョージ・ホデルの存在に近づいていく。

主人公のフォーナ・ホデル役に起用されたのは、『KITE/カイト』(2014)で主演を務めたインディア・アイズリー。クリス・パインは、フォーナの過去に秘められた謎を暴こうとする元海兵のパパラッチ、ジェイ・シングルタリーを演じる。また疑惑の医師ジョージ・ホデル役を演じるのは、『インヒアレント・ヴァイス』(2014)のジェファーソン・メイズ。そのほか『96時間』シリーズのリーランド・オーサーや、『ワンダーウーマン』でヒッポリタ女王を演じたコニー・ニールセンも出演する。

 

なお本作は全6話で完結する1シーズンかぎりの「リミテッド・シリーズ」で、パティ・ジェンキンス監督は演出と製作総指揮を兼任。クリス・パインも同じく製作総指揮を兼任している。話題作『13の理由』(2017-)を手がけたマイケル・シュガーも製作総指揮に名を連ねた。全6話中5話の脚本を執筆したのは、ジェンキンス監督の夫であり作家のサム・シェリダンだ。

ドラマ『I am the Night(原題)』は2019年1月より米TNT局にて放送される。日本での放送・配信情報を楽しみに待とう。

[追記]
記事初出時、クリス・パインの出演歴に関する誤りがございました。大変申し訳ございませんでした。

Source: Deadline
Eyecatch Image: TNT 動画サムネイル

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。