Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』パルパティーン役イアン・マクダーミド、再登場を予期していた

イアン・マクダーミド
©THE RIVER

『スター・ウォーズ』エピソード9にあたる『スカイウォーカーの夜明け(原題:The Rise of Skywalker)』予告編が初公開された。この映像で最大のサプライズとなったのは、ダース・シディアス/パルパティーン皇帝の再登場だ。映像の最後に響く不気味な笑い声がパルパティーンのものであることは、J.J.エイブラムス監督も認めているという。

サプライズ、イアンも予期していた

パルパティーンへの再注目がにわかに集まる中、同役を演じるイアン・マクダーミドが答えた2017年9月の英BBCによるインタビューが話題になっている。このインタビューでイアンは、将来的なパルパティーン役再演の可能性について「分からない」としながら、こうも語っていたのだ。

また演じられるチャンスはきっとあるはずです。おそらく皆さんの方が先に気づくことになるでしょうけども。」

当時は、初の「アンソロジー・シリーズ」である『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』2016年12月公開からしばらく経ったタイミング。その年末には『最後のジェダイ』(2017)も控えていた。「新作映画に関しては、私は死んでいますからね。そこは間違いない。でも、いわゆるアンソロジー・シリーズがあって、最新作には『ローグ・ワン』がある(当時)。私が登場する時代の作品でしょう。」

イアンは『ローグ・ワン』について「私(パルパティーン)のことも言及されたし、ダース・ベイダーも登場したけど、でも私は登場しませんでしたね」と振り返ってから、こう続けているのだ。「おそらく、後のサプライズとして私のことを取っておいているのかも。でも、私は何も知りません。もちろん、彼のことは他の誰にも演じてもらいたくない。」

巧妙な策略で帝国を築き上げたパルパティーンの予見能力のごとく、同役の再来を直感していたイアン・マクダーミドだが、その予想にはひとつだけ誤りがあった。「おそらく皆さんの方が先に気づくことになるでしょう」だって?パルパティーンが戻ってくるなんて、予想だにしませんでしたよ!

映画『Star Wars: The Rise of Skywalker(原題)』は2019年12月20日(金)全国ロードショー。

予告編の詳しい解説

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly